※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『え・・ええぇぇええええええ!!!???』
「す、素通りして押し付けて行きやがったぁっ!!」
「こらー、そっちもそっちで危ないわよー。」

走り去った男の子の背に言葉を投げかけるエルナ先生。
その言葉は全く聞こえていないみたいで、アイン先生が奮闘中の駐車場方面へと消えてっちゃった。

「しょせん、雑魚の群れだな。」
「楽勝じゃな。」

いつの間にか、スキルトレースシステムを使用していてバグの群れを一掃した
エミィちゃんとトート君。

「さ、早いところ進んじまおうぜ。」
「広いところというと、イルカショーを行うウォーターステージかしら?」
「だとしたら、客席側より職員専用の通路から行った方がいいじゃろうな。
足場も安定しておるじゃろうし。」
「確かに、椅子ばっかりじゃ足元気にしすぎて戦えないもんね。」
「なら、早いところ出発しましょ?」
「…でも、先生。職員専用の通路って何処にあるんですか?」

沈黙。
重苦しい沈黙。
えっと、誰でもいいから…何か喋って。

「…さぁ?」
「あ、やっぱり知らないですか?」
「だって私、ここの職員じゃないもの。」
「そ、そうですよね…。じゃあ、さっきの人に聞いておくべきだったな。」
「そうね。でも、逃げて行っちゃったし。地道に探すしかないんじゃない?」

結局、地道に探すことになりました。

「う~、やっぱり普通の地図じゃ載ってないのかぁ。」

ご自由にお取りください。
入り口においてある館内の地図には職員用の扉が何処にあるか。
なんてことは一切載っていなかった。
当たり前だよね。


水族館内をバグを避けながらさ迷い歩くこと数十分。

「かんけーしゃ以外立ち入り禁止…。」
「職員専用ということじゃな?鍵は…開いておるの。」

ドアノブを回して、思い鉄の扉を開けると…そこには。

頭に壷を被った変なタコが…。

ブシュゥゥッ!!

「うあぁぁぁっ、何だこれ。墨!?」

先頭に立っていたトート君の顔には、真っ黒な墨が。

「前が、よく見えないぞ…。ていうか、何で俺を盾にするんだ…。」
「前にいたから仕方なく、の。」

ガッシャァアアンッ!!

何かガラス製の物が派手に壊れる音。
反射的に、音のしたほうに目を向けてみれば
ホームセンターいまむらで物色してきた鉄パイプを振り回す二人の姿が

「うわぁ、イルちゃん、エルナ先生。何してるんですかぁ!!」
「何って…。」
「壷、割ってるんだよ?」

何の意味があって壷を割ってるのか、サッパリわからないよぉ!!

「どうして壷を割る必要が…って、あれ?」

頭に乗せていた壷が割られたタコのバグは、ピクリとも動かない。

「どうやら壷が割られるとショックで動かなくなるようじゃのぅ?」
「そんな、変なバクいるんだな…。」
「自慢の壷じゃったのではないか?」
「変を通り越しておかしいよ…。」
「まぁ、そのおかしなバグのおかげで無駄に変身せずに済むのじゃ。感謝せねばならぬな。」

しょんぼりと沈んだまま静止しているバグを置き去りにして、
あたしたちは、ウォーターステージへと向かうことにした。
どんなバグが待ってるか、わからないけど…やるしかないよね。


パーティキャラ残りXP
クリア  7回
アイン  0回
エルナ  7回
トート  8回
エミリア 8回
イル   6回