※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ニーズヘッグ

能力:大地・魔
武器:牙(非常に硬いユグドラシルの根をかじる事が可能な強度を誇る牙)
所持アイテム:ニーズヘッグの牙・脱皮した皮・ニーズヘッグの血
生息地:ユグドラシア下層“ウルドの泉”

所持技
かじる:対象にかじりつき攻撃をする。大ダメージ+HP吸収
食べる:かじるの強化版。凶悪ダメージ+HP吸収+麻痺+恐怖
叩きつける:尻尾から胴体にかけて鞭を撃つような攻撃
威嚇:精神を揺さぶる恐怖の咆哮。全体恐怖
スパーリングクエイク:暴れ回り地面を揺らす地属性広範囲技


詳細
巨大な黒い蛇の魔物
主に見かけるのは泉の近くよりもユグドラシアの根元である
戦闘に入ったならば相応の討伐作戦と実力を持って居なければ勝つのは難しいが
大抵は冒険者に襲い掛かるよりもユグドラシアの根をガブガブして、その事に夢中になっている事が多いため、
相当ニーズヘッグに近づかない限り戦闘に入る事は無い
但し、一度戦闘に入ればその好戦的な性格のままに冒険者に攻撃をしかけてくるだろう



フレースベルグ

能力:嵐・炎・氷河
武器:くちばし(まるで自分が天空の王であるかのように誇示する鋭利なくちばし)
所持アイテム:フレースベルグのくちばし・天空の翼(エアレイドの飛行力強化)
生息地:ユグドラシア上層“フレースベルグの園”

所持技
豪風:彼の大きな翼による羽ばたき。風属性のダメージと共に吹き飛ばし効果
疾風:豪速な移動。その進行方向に立っていてぶつかったならばひとたまりも無いだろう
吹雪:氷属性の豪風。豪風のダメージに追加効果で凍結。また、HP減少を与える
灼熱:火属性の豪風。豪風のダメージに追加効果で炎上(HPダメージ。行動不能)を与える
なぎ払う:その巨大な翼によるなぎ払い。範囲物理攻撃
突く:鋭利なくちばしによる突攻撃。単体凶悪攻撃


詳細
蒼炎の羽に包まれた魔鳥。その体長は5M前後か
鋭利なくちばしに巨大な羽。力強い足と爪が武器となる。
妖精からは聖獣と崇められ、年に一度、妖精が収穫した食物を供物として献上する事が風習としてあるようだ
その妖精の代わりに、ユグドラシア上層に侵入する異端者を排除する。という契約をしているのではないか。という説も有力
蒼炎は不思議と熱く無く、フレースベルグの意思により絶対零度をも超える極寒になったり、全てを溶かすマグマよりも熱い極熱になったりすると言われている(が、これは流石に過剰表現だろうと思う)
フレースベルグ自体は草食で、主にユグドラシアの葉を食べている。
世界樹と呼ばれるユグドラシアの葉を食べているおかげか、人間・妖精・魔物・動物・または他の次元の生物等など、多くの言語を理解する知識があると言われている

ひょっとしたら、話せば理解の深い魔物かもしれない。と、推測してみたり




ジュデアマキシア

能力:天・大地
武器:-
所持アイテム:複翼竜の白翼膜・複翼竜の装甲殻・竜王種の血(※)
生息地:砂漠およびその周辺

所持技
サマーソルト:空中で後方宙返りをしながら巨大な尻尾を叩きつける
ウィングストーム:翼で強烈な突風を発生させて敵を吹き飛ばす
ドラゴンハウリング:強力な咆哮で周囲の障害物を見境なく吹き飛ばし、破壊する
エリュシオン:口内より強大な紫電の塊を放射し、地面に着弾すると同時にそれが広大な範囲にわたって拡散される

詳細
砂漠でも最大級の大きさを誇るサンドイーターを捕食する大型複翼竜。
一生の殆どを空中で過ごしている所為か、その生態は殆ど謎とされている。
性格は外見に似合わず大人しいが、時折砂の村サンドヴィレッジを襲うこともあり、その兆候である村の上空の旋回が見られると、迎撃依頼が各地の街へと依頼される。
迎撃依頼のランクはS。
全身を覆う白銀の外皮装甲は並外れた強固さを誇り、大砲の砲弾が直撃しても傷ひとつ負わず、焦げ跡だけを残したのみだったとされる。
危険度でいえばグランドラグーンと同等かそれ以上なので、例えSランクの支援士であろうとも、本種にむやみに喧嘩を売るような馬鹿な真似はやめておいた方がいいだろう。

また地底洞窟のメギド・ボルカと同じく、現在の人間の技術では『殺しきれない』種族の1つでもある。

※本種の血は外気に触れると数秒で蒸発する性質をもつため、本種から血を採取するのはほぼ不可能だろう


聖神竜グランディエル

能力:神聖
武器:-
所持アイテム:聖竜の鱗、聖竜の牙、竜神種の血
生息地:天壌

詳細
太古より伝説に残る光の竜神種。
根本的に人智を超えた戦闘力を持ち、現在の人間の力では殺すことはおろか気絶させることすら不可能とされている。
知能は極めて高く、世界の守護者の一柱として数えられることも。
噂によれば、光の満ちる天壌への道、それを抜けた先にいると言われている。
某司書の召還する同名の竜は、彼の力のほんの一旦を映したものに過ぎない

血が与える力は【再生】


魔神竜ルードゼルク

能力:深淵
武器:-
所持アイテム:魔竜の鱗、魔竜の牙、竜神種の血
生息地:魔界

詳細
グランディエルと対を成す闇の竜神種。
戦闘力と言う意味では聖竜と互角で、太古の彼らの戦いは聖魔大戦などと呼ばれているとかいないとか。
この世界のどこかにある亜空間、闇が満ちる魔界と呼ばれる場所にいると言われている。

血が与える力は【腐食】



炎神竜ヴァンエルニ

海神竜アクエリエイス

氷神竜グラキアス

雷神竜トーラバルト

風神竜アークヴェイル

地神竜ロストガイア