※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

遥かなる北の雪原
砂上墓所
……果ては、無限迷宮。

その足で向かえるところは、殆ど行ってしまったようにも感じられる。
残すは中央平原――――そして”天空”くらいなものだろうか?
プリズムヒルズでは小さな魔女に、ユグドラシアでは闇を背負った狩人に……
ヒトの姿をした何かとも、幾度となく戦い、時に勝つこともあれば、からがら逃げて来たこともある。

……気がつけば、自分もSランク支援士などという立場に上り詰めていたが……
未だに、見ることのかなわない町があった。


その名はソドム。
幻永の町と呼ばれるそこは、すべての望みがかなう場所だという。
ソドムに関する噂はいくつもあるが、その中で自分の気を引いたのは『死者にすら会える』というものだった。

……自分には、死に別れた大切な人がいる。
本来なら、死者に会うなど輪廻の均衡に触れる行為……
相応の報いを覚悟しなければならないことだが、その街ではそんなことすら関係もないという。

最初は、ごく淡い期待だった。
……だが時が経つにつれ、その人との思い出が記憶の奥に少しづつ埋もれていくごとに……
会いたい、という願望がつよくなっていくのがわかった。
いつか、その思い出が完全に記憶の底に消えてしまう前に……もう一度、その顔を見ておきたいと。



―――少し、眠くなってきた。
どうやらもう日も暮れている。
空に浮かぶ月が妙にきれいに感じる夜だ
こんな日は・・・・・・・いい夢が、見られるような気がした。








「……日は落ち、空には淡い月の光が灯る」

とある町の宿の屋根。
その上に一人の少女が腰を掛け、月明かりの中でどこか遠くを眺めていた。

「一日の闇の中、人は眠る。 次の夜明けに目を覚ますために」

そう呟きながら、すっと立ち上がる薄赤色の髪の少女。
その青い眼はいったい何を映しているのか……
なにもないはずの虚空に向けられているはずの瞳は、確たる何かをとらえているかのように一点を見つめていた。

「……目覚めることの無い、永久なる夢……」

ふと、少女が目を閉じる。

「もし、その夢がこの世の幸せのすべてを集めたものだったら?」

誰に問うわけでもない。
だが、その言葉は確かに”誰か”に問いかけるように。
……少女は続ける。
誰もが知るも、誰もが知らない幻永の町の、その姿を。

「巷で噂になっている街、ソドム。そこは楽園とも天国とも呼ばれている。
その噂に沿って、ソドムを求めた冒険者の中には、帰ってこなかった者も居て……
彼らが帰ってこなかったのは、楽園に永住する為? 
それとも別のなにかがあるのか。

奇妙なことに、その街から帰ってきた冒険者が語るには……
そこに住む人々は、すべて『自分の知り合い』だったと言う。
その町にいたと言われた人たちは、そんな街には行っていないと口をそろえていた。

……『そこ』は、悩む必要など無い世界。好きな事が何でも出来る世界。
……しかし逆に、そういった沢山の悩み、そして強い悩み、欲、不満を持つ者こそがソドムに引き込まれる…と言う事実を知っている人は少ない


そのソドムの実態は、夢の国、夢の中の世界。
ソドムに囚われれば、夢の中で目覚める事がなく、ずっと眠り続け、やがて、その体が衰弱し、死に至る。
でも、現状ソドムと眠り病がイコールに結ぶ事が証明されておらず、噂とソドムから判る危険性は示唆されていない。

……でも、それは本当に悪いこと?
何の苦しみも知らず、ただ安らかで満ち足りた心でいられるのであれば……
現実の自分が眠り続けていると知ってても、それでも、と言う人はいるかもしれない

永久なる幻想――そこに救いを見るか、堕落を見るか。
それを決めるのは、貴方自身」

そこまで口にすると少女はこほん、とひとつ咳払いをし、誰に告げているのか……
一言、宣言をした。

「さあ、夢幻世界(ファンタスマゴリア)への道は開かれました。
この道の先を創るのは、他でもない皆さん自身

案内役は、ここまでです。
……良い夢を、見られますように」