※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

――辺り一面に広がる雪原の、猛烈な吹雪の中。

そこはすべてが白で染め抜かれ、僅かな先でさえ雪に遮られて見渡せないほどだった。

そして、そんな自然の猛威の真っただ中に、偶然にも巻き込まれてしまった哀れな人間がいた。

 

「うう・・ついてない・・・!」

その人間の服装は、いつもの装備の上から防寒服を着用していた。まあそれは当然のことと言える。

なぜならここ―――遥かなる北の雪原は、季節も関係なく年中雪で覆われている極寒地帯だ。そんなところに防寒具なしで赴くのはまさしく自殺行為だろう。

 

突然、吹雪の切れ目から不意に反射した光によって、防寒用の帽子やゴーグルを付けていて少し隠れてはいるものの、その人間の顔が照らし出された。

まだあどけなさの残った小さな顔。くりくりとした瞳。

肩にかかる程度の長さの髪は後ろで縛っている。

防寒服を着ていると、着ている者は少々肉感的に見えるものだが、それでいてすっきりとした体型のこの人間の服の下は、かなりの細身だということだろう。

 

だが、そんな小さな体では、この大いなる自然の猛威の前には限りなく無力だ。

 

「う・・もう限界・・・」

どさっと白い大地に倒れ込むと、降り積もった雪がやわらかく体を受け止めてくれて、以外と痛くなかった。

それどころか、なんだか雪が温かくて気持ち良くて、だんだんと意識が遠のいていくのが分かった。

ああ、まさかこんなところで死ぬなんて。

倒れたまま考える。やっぱりこの依頼は受けるべきじゃなかった。

だがそんなことを考えたところで、この状況が打破できるわけではない。

すでに視界は殆どぼやけて、いまにも消えてしまいそうだ。

ごめんなさい母さん、ミシア。どうやらここで終わってしまいそうです。こんなところで、一人寂しく・・・。

 

「ケロー」

「え?」

 

心の中で家族に詫びながら走馬灯が見え始めた途端、耳元でなにか場違いな鳴き声がしたような気がした。

まさかとは思いつつも顔を横に向けると―――目の前に、人の頭くらいはありそうな大きなカエルが鎮座して、じっとこちらを見ていた。

 

それにしても、こんな年中冬みたいな土地にいるなんて変なカエルだ。冬眠とかはしないんだろうか?

吹雪の中でも尚目立つ白銀色。体も、皮の下にたっぷり脂肪を蓄えていそうなぽっちゃりした体型。

カエル嫌いな人が見たらそうでもないだろうけど、なかなか外見は可愛い。

 

でも、そんな不思議なカエルが、どうしてつぶらな瞳でこっちを見ているんだろう?

 

もしかして凍死するのを待ってるんだろうか?凍死したらゆっくりお食事の時間?

 

なんだかやってられない気持ちになって、ぱたん、と寝返りを打って仰向けになる。すると灰色の空からゴーグルの上に雪が積もり始めて、視界がどんどん奪われていく。

ああ、どうやらもうダメみたい。こんな吹雪の中、一人ぼっちで、変なカエルに看取られながら―――。

 

「―――って、認めれるかーーーーーっ!!!」

 

ガバッと一気に立ち上がると、体に降り積もっていた雪が一斉に滑り落ちて足元に堆積した。

「くそ、カエルに看取られながら凍死だなんて、そんな惨めな死に方して堪るか!絶対に生還してやる!!」

「ケロー」

「ふん!お前にやるお肉なんてひとつもないんだよ!どっかいっちゃえーー!!」

 

そう言うと、カエルを置いて吹雪の中を猛然と走りだす。

 

あんなののご飯になるなんてごめんだ!なんとしてでも帰ってやる!

 

先程までは死ぬ一歩手前だったくせに、割と元気いっぱいに走り続けた。