※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Side Veronica

 「…ヴェロニカ・ビリアッツィさん。
リエステール教会司教からの書簡、確かにミナル教会司祭にお渡ししました。
こちらが受領証明書になります、お持ち下さい。」
「…ご苦労様、失礼します。」
清らかな水の恵みに包まれたミナルの教会。
支援士・ヴェロニカは書簡配達の仕事で、この町を訪れていた。
(…ふぅ、これで一仕事終わりね。
…明日のバレンタイン・デー、チョコレートはどうしようかしら?
早く帰らないと、リエステールのお菓子は売り切れてしまうかも…。)
ミナル聖堂を出て、何気なく大通りを歩いていると、彼女の脳裏に先日の出来事が
浮かび上がる。
(ねぇっ、ヴェロニカ!
ボクこの前、仕事でミナルに行ったんだけど、その時寄ったお菓子屋さんのケーキが
とっても美味しかったンだよぉ☆
…でも、その時は売り切れだったチョコトルテは、もっと美味しいッて噂なんだ。
今度ミナルに行くときこそ、食べたいなぁー♪)
無邪気な少年がはしゃぐような、屈託のない眩しい笑顔。
その娘の喜ぶ表情が、自分に向けられるとしたならば…?
「!!」
戦いの場で空を駆けるべく鍛えられた足が、彼女の記憶の中にある件のお菓子屋を目指して
走り出す!
…………………………。
……………。
……。
〈カララランッ!〉
「いっ! …いらっしゃいませ。」
「…チョコトルテは、あるかしら?」
「はい、あとひとつございますが…。」
「…良かったわ、それを頂戴!」