※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ぜん民 第12話「恋わずらい?まみ丸、秋の夜長の憂鬱なキモチ(中編)」

このようなやり取りがあっても、まみ丸はまったく気づいていないかのような放心状態の様子
まきん「まみちゃん、いったいどうしたの?もしよかったら、ぜん民は無視して私に相談してくれない?」
まみ丸「・・・・・・・・・・・・・・まきんちゃん、実は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
まきん「えーーーーーーーーーー、うそでしょ!!!????」
ぜん民「ちょっと、二人で何こそこそ話してるのよ、私も入れてよ!!!」
ま&ま「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(ウザイ、どっかいけ)」
ぜん民「何で二人とも私を仲間はずれにするのよ・・・・・・こうなったら・・・・・・」
ま&ま「しまった、もしかしてこれくらいでぜんまいまくんじゃないでしょうね?」
といってるそばから、すでにぜん民の股間のぜんまいは巻かれていた・・・
ぜん民「ぜんぜんぜんぜんぜん民の~・・・・・・~苦笑、わらび餅カッター!まみ丸、真相を全て話しなさい!」