※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ぜん民 第50話「紅葉真っ盛り!からかま晩秋のサバイバル遠足(第3ポイント:世紀の大発見編)」の巻

その後も各チーム負けが込んでしまい、ついに残りは312万円5000円(1250→625→312.5)に
あと2回負けてしまえば全チームゲーム終了である
ぜん民「もうキレたもんね!あの検査員にわらび餅カッター食らわしてくるもんね!」
薫先生「ぜん民さん、それやったら次回からぜん真美にしますよ、いいんですか?」
ぜん民「・・・・・・・・・いやだもんね・・・・やめとくもんね・・・・・主役は私だもんね!」
ウミガメチームだけでなく、ライオン&イヌワシもいよいよもって打つ手がなくなってしまう
ナッキ「ひろみちゃんもだめなら、もう仕方ないよね・・・・あきらめるしか」
すると、なにやら大きな声でほえている、そうはちんちゃんである
はちんちゃんがとあるものを見て大声でほえている、そこには!
ひろみ「・・・・・・・・もしかして!・・・・・やっぱり!私、ちょっと試してみる!」
薫先生「ウミガメチーム、どうしますか?ギブアップしてもいいんですけど」
ひろみ「私行きます!最後の賭けに出てみる!」
ピンポンピンポン!!!ウミガメチーム通過成功です!ありすがわがお金が入っていないことを見破れませんでした!
ありす「な、なんで・・・・・ま、まさか、気づかれた?」
ぜん民「やったもんね!さすがはひろみだもんね!これも私の活躍のおかげだもんね!」
一人取り残されるぜん民をよそに、ひろみがついに突破口を開く、しかしはちんちゃんは何にほえていたのか?