※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ぜん民 第54話「紅葉真っ盛り!からかま晩秋のサバイバル遠足(第4ポイント:真っ向勝負編)」の巻

ウミガメチームの目の前に現れたのは、一人の少女だった
謎の少女「今から始めるゲームは、5対5でのバトルです、ルールは簡単、相手を倒せばよし
     ただし、急所攻撃やサミング、投げっぱなしはなしです、ファイターとしてあってはなりません
     要は、反則せずにこれから紹介するメンバー5人に勝てばいいわけです」
ぜん民「5人なんてどこにいるんだもんね?いないもんね」
謎少女「その5人とは、この5人ですよ」
そうしてそこに現れたのは、ユカ・サオリ・ミミーカ・ヤサーコ・ことちゃんという5人であった
ぜん民「これはどういうことだもんね?この5人ならわらび餅カッターで一発だもんね?」
薫先生「あそうそう、言い忘れてました、勝負する内容はもらったレス数ですから」
ぜん民「どういうことだもんね?」
薫先生「この5人とウミガメチームの5人でより多くレスもらっているほうが勝つってことです」
ナッキ「レスってもしかして教○実況での全レス数ってこと?」
薫先生「そうですね、そういうことになります」
ぜん民「ふざけるなだもんね!この5人でどうやって目の前の5人に勝てるかだもんね!
    週に2000レスもらってる私でも、この5人だよ一人で5000レスくらい取らないと無理だもんね!」
ミミカ「はーい♪ぜん民さん~あなた、週に100レスが限界でしょ~?
    アジマル先生でもそのくらい行っちゃいますよ~?若旦那にも勝てないですもんね~♪」
ぜん民「あのふざけたキャラは誰だもんね?あんなのが人気あるかだもんね?
    絶対私の方が人気あるもんね!あと、週に100なんて捏造するなだもんね!
    あと、アジマルなんてあんなブサイクと一緒にするなだもんね!寒気がするもんね!」
早くも始まった舌戦、その脇ではとんでもないことになっていた


名前:
コメント: