※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ぜん民 第57話「紅葉真っ盛り!からかま晩秋のサバイバル遠足(第4ポイント:否めない戦力不足編)」の巻

ライオン&イヌワシチームも到着した第4ポイント
しかし、第4ポイントの説明を聞いた両チームは愕然とした
なにせ、ポイントを取れるメンバーが各チーム2人いるかいないかという厳しい現実があるからである・・・・
まきん「ちょっと、どうするのよ?私でも200が限界なのに・・・・しかも週に2回・・・・
    ミミーカなんて週に5回なんて卑怯なんじゃないの?」
薫先生「まあルールですから、それを通過してこそこのサバイバル遠足の意義があるものです」
いさ「このチームは壊滅的にメンバーがいないでやんす・・・・実は全員地味なメンバーばかりでやんす・・・」
茶じじ「まきんよ・・・・こういうときは背理法じゃ!対偶を証明すればおのずと答えが・・・・ゴホッ・・・」
みしゃ「いや、ここはコンピュータウィルスを使って相手のデータを破壊するのがいいのでは?
    それか私のこのボディで誘惑・・・・・できない・・・・」
まきん「相手にはヤサーコもいるのよ、逆にこっちがウィルスにやられる危険性もあるわ」
まみ丸「こうなったら、イクコ様にお願い・・・・ああ、イクコ様?イクコ様ああああああああ」
イクコは前回のありすがわ戦で奥義を出してしまい
24時間は睡眠をとらないと子どもを産めない体になってしまうということで休憩中であった・・・
まきん「こうなったら・・・・・・これしかないわね」
ちなみに気づいている読者もいるであろうが、茶じじの意見は完全にスルーされているのであった・・・