※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ぜん民 第71話「メリークリスマス!聖なる夜のからかま狂想曲」の巻

話は戻って、ぜん民は一度は帰ろうとしていたからかま総合広場をもう一度探索することにした
ぜん民「絶対ここに二人はいるはずだもんね!絶対見つけ出すもんね!」
いさ「まだどうやらいるみたいでやんす・・・もう少し身を潜めるでやんす」
まきん「それにしてもいつまでいるのかしら・・・さすが疫病神のぜん民ね、絶対許せないわ」
いさ「こういうときこそ冷静さが必要でやんす、これを乗り越えたら真実の愛が芽生えるでやんすよ」
まきん「さすがいさざえもん、ぜん民とはぜんぜん違うわ、ますます惚れるわ!」

ぜん民「ちくしょーだもんね!こうなったらこれだけは使いたくなかったけどやっちゃうもんね!」
ぜん民はそういうと、何やらどこかへ電話をかけている様子、相手は誰なのであろうか?
しかし、時間は刻々と過ぎていき、この時期ではすでに薄暗くなる5時前になろうとしていた
いさ「暗くなったらゆっくり逃げることもできやすくなるでやんす、もう少しの辛抱でやんす」
まきん「わかった、もう少し耐えてみるわ、いさざえもんがんばろうね!」
いさ「まきんちゃんとなら何でもがんばることできるでやんすよ、耐えてみせるでやんす!」

しかし、このあとまさかの悪夢を迎えることになろうとは、二人、そしてぜん民は夢にも思ってなかった