※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ぜん民 第75話「メリークリスマス!聖なる夜のからかま狂想曲」の巻

次の瞬間まきんちゃんの目の前に現れた悪夢の光景とは・・・・
なんと、ぜん民といさざえもんがキスを・・・しかもかなりディープなキスをしているではないか!!!
これには実は裏があり、まきんちゃんとのキスを画策していたぜん民
しかも離れまいと唇にからかま特製(ぜん民特製)のわらび餅接着剤を塗りたくっていたため
離れようにも離れない状況を画策していたのである
しかし、非情にも相手はいさざえもんに・・・奇しくも誤爆した結果になってしまったが
いさ「むーーーーむむーーーんーーーー(ぜん民離れるでやんす!気持ち悪いでやんす!)」
ぜん民「どうしたら離れられるんだもんね???いさざえもんなんかとキスしたくないもんね!」
しかも、異臭騒ぎに気づいたテレビ局・新聞社等のマスコミがこの様子を聞きつけ
あろうことか、二人の離れられないディープなキスを取材しているではないか・・・

結果、二人は2ヶ月以上離れられない状況になってしまい、連日マスコミにさらされる結果に

しかし、もう一人、いやもう一組お忘れでないであろうか?
そう、イクコ&まみ丸のいわくつきのカップルである
あの異臭騒ぎのときにも二人はからかま総合広場にいたにもかかわらず
どうして何事もなく愛を育むことができたのであろうか?
実は、異臭が漂ってきた瞬間、イクコが秘密のオーラを放ち、異臭をブロックしたことはおろか
まみ丸との二人だけの空間を演出していたのであった
もちろん、これを取材したマスコミは存在せず、どのようなものかを知る人物は未だ誰も存在しない
しかし、一ついえるのは、これによりイクコとまみ丸の愛がますます育まれたとだけは追記しておこう・・・