※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ぜん民 第77話「謹賀新年!からかま平和な?お正月」の巻

それは大晦日の18時から毎年開催されるからかま年越しそば大食い大会
以前に化け物食いが発覚したぜん民がこの大会でも遺憾なくその実力を発揮する
ぜん民「そばよりもうどんが好きだけどまきんちゃんのために食べちゃうもんね!」
そして、ジャイアント白木・ギャル曽田・そして元祖大食いの新田や赤坂田を余裕で蹴散らし
(ちなみにこの4人食べたそばを足してもぜん民の4分の1程度である)
見事第2975回からかま年越しそば大食い大会の栄冠を勝ち取った
ぜん民「まきんちゃん!勝ったもんね食べたもんね!見てくれたかもんね?」
そのころまきんちゃんはいさざえもんと大会そっちのけで除夜の鐘をひっそり静かに聴いていた
まきん「ああ、今年も終わるわぁ、今年はぜん民が出て散々だったわよね・・・」
いさ「まきんちゃん、でもそのおかげで二人の仲もより深まったともいえるでやんすよ!」
まきん「まあ、そういうことならいいんだけどね・・・2008年はぜん民を駆逐したいわ」
いさ「とりあえず今は二人っきりの時間を過ごすでやんすよ・・・」

ぜん民「いさざえもん、またまきんちゃんをたぶらかしてるもんね!許さないもんね!」
すると、年末で気が緩んでいたためか、股間のぜんまいが思ったよりも緩く
なんと、わらび餅カッターが暴発してしまった・・・・
ぜん民「しまったもんね・・・・苦笑、わらび餅カッター!・・・・・」
なんと、先ほど食べた年越しそばが緩んだぜんまいから噴射してしまい、
からかまは年末年始にとんでもない地獄絵図と化していたのは控えておこう