※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

金曜ワラッター!




1991年4月に始まったRAB初の夜のワイド番組。
ディレクター兼メインパーソナリティー 橋本康成

半年ほどたって水戸華之介が関わってから、
番組は加速度的にリスナーを増やしていった。
今週のどんだんず
を中心に、青森県内の中高生に絶大な支持を得ていた。
校内で石を投げればワラッターリスナーに当たると言われ、
放送部が昼の番組で真似た番組を沢山作っていた。

当時のリスナーの中には、楽しすぎてうっかり道を踏み外し、
夜な夜な「きゅきゅきゅのきゅ!」と叫びRABラジオカーを追いかける者が後を絶たず、
当時の首相が、「きゅきゅきゅと言うのはやめて頂きたい」と発言し大きな社会問題に。

記:ドラの一番弟子


91年のスタート直前、RAB初の夜のワイド番組、
そして橋本氏の久々ラジオ復帰ということもあってか?、
新聞テレビ欄下に番組スタートの広告が掲載された。


第1回のゲストはプロレスラーの大仁田厚。
自身の団体の旗揚げ時のエピソードを熱く語る。
打ち上げ終了後は全員の「大仁田コール」で
送り出したという。


金曜の初代パーソナリティーといえば
水戸のイメージが強いがスタート当初は
ロックバンド THE MINKSのボーカル&
岡田ヨシアキが在籍。1年にわたってレギュラーを務める。
岡田から遅れること半年、水戸パンチが加入。


そのほか当時のコーナーは…
●「出て来い!覆面レスラーナンバーワン」
(↑架空の覆面レスラーを考えるはがきネタコーナー。)

●「真夜中お茶の間探検隊」
(↑リスナーが時には家族を巻き込み、
電話で一芸を披露したりする参加型コーナー)
などがあった。


ちなみに初代の番組オープニングテーマは
アース・ウインド&ファイアーの
「フェイセス」。

記:必殺遊び人



  • その後、番組オープニングテーマは
    のちにレギュラーとなる八反田理子の
    「尊敬されたい」になり、最終的には
    東京ブラボーの「エレキでスイム」に定着し、
    番組終了まで使用される。


    ちなみに「冬のオールスター戦」や
    「ゆく年くる年」など別企画の時は
    流れない。 -- 必殺遊び人 (2014-07-16 16:53:10)
名前:
コメント: