※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

北国ネイチャリングスペシャル



県外から来ているパーソナリティーと
寒い北国、青森の自然を再確認しようと言うスペシャル企画
第一回
竜飛でハッピー

第二回
雪国・津軽・金木町ブリザってる場合ですよ!

第三回
八甲田山頂ロープウェイ駅

記:(なまえ)


第一回「竜飛でハッピー」
93年1月金曜ワラッター
出演者
<竜飛>
橋本康成 
水戸華之介 
パンチ 
八反田理子
<スタジオ>
ミス・テリー 
田村啓美
竜飛崎から生放送。
オープニングは無事終えるも、
20時代、スタジオで電話参加コーナーの
最中に釧路沖地震が発生…。
竜飛と中継をつなぐが、予定を大幅に変更。
地震速報のため21時30分ごろまで
ワラッターは中断する事になる。
番組再開後は中継先近くの建物に場所を移し
トーク中心の放送となるが、
当初の目標であった竜飛崎での「どんだんず」と
八反田の「津軽海峡 冬景色」熱唱は
何とか達成する事ができた。

当日は上記の事から金曜ワラッター本編は
24:30で終了し、以降の30分は地震情報で中断した
「正木槙也・君にチアーズ」を
改めて放送する形となった。

<この地震で被害に遭われた方々には改めてお見舞い申し上げます。>


必殺遊び人




  • 第二回
    「雪国・津軽・金木町
    ブリザってる場合ですよ!」
    93年2月18日 木曜ワラッター。
    出演者
    <金木町>
    橋本康成
    高畠俊太郎
    ゲスト:
    馬越秀生(The Wells)
    角田周(地吹雪体験ツアー仕掛け人)
    デイジー川嶋 他。
    <スタジオ>
    ミス・テリー 
    ハッショリーナ

    北津軽郡金木町(現・五所川原市金木町)
    藤枝地区から生放送。
    名物となった「地吹雪体験ツアー」を
    身をもって体験しようという企画。
    当日は穏やかな天候で地吹雪とまでは
    いかなかったが、それでも俊太郎、馬越の2人は、
    かんじき等を身に付け雪原を歩くなど、
    体験ツアーの雰囲気を味わった。
    そのほかデイジー川嶋をまじえての映画に
    関するクイズコーナーや
    雪原で読む「秘密にしてね」もあったと
    記憶している。
    番組ラストは俊太郎&馬越のセッション
    で締めくくられた。 -- 必殺遊び人 (2007-09-07 20:02:11)
  • 第3回
    「八甲田山頂ベリーマッチ」
    94年2月 金曜ワラッター!
    出演者
    <八甲田>
    橋本康成
    中村美樹子
    次郎
    八甲田ロープウェイ関係者のみなさん
    <スタジオ>
    ガチョウ兄さん

    八甲田ロープウェイ山頂駅より生放送。
    極寒の八甲田、夜の山頂という、
    まさにシリーズ最強。
    真冬の八甲田を体感するとともに
    八甲田ロープウェイの歴史や
    終電から翌朝の始発まで宿直業務を務める
    方に密着したドキュメントを織り交ぜつつ
    進行。
    同山頂駅の住所は青森市、通常、夜は関係者
    以外に立ち入る事が出来ない事から
    「青森市でも来たくても来れない場所だ」と
    いう放送中での言葉が印象的だった。

    また、史上初「山頂どんだんず」、
    橋本氏の真夜中の樹氷探検などが繰り広げられ、
    最後は山頂駅前から中村&次郎のセッションで
    締めくくられた。なお、中村さんはこの時、
    極寒にもかかわらず
    何と素手でギターを演奏していたという。 -- 必殺遊び人 (2010-01-24 20:35:59)
名前:
コメント: