※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「誕生日プレゼント、一応ありがとうな」
「どういたしまして。中々良い感じじゃない?」
などと言いながら、俺は誕生日プレゼント――自転車を押しながら歩く。
彼女はその後ろをついて歩く。
「じゃあ早速だけど、二人乗りしちゃおうよ」
「え、うーん……。端的に言おうか、イヤです」
「え、どうしてどうしてー?」
「そりゃ、アレだ。……人の目が気になるだろうよ。――ってオイ!」
彼女は俺が押す自転車に無理やりまたがろうとしてくる。
そして、俺は彼女を押し返す。
「ちょっと、力が強いよ。こんなときだけ男っぽい姿見せないでください」
「うるせー」

「じゃあ交換条件? みたいなもんだけど。
 わたしここで30秒数えてるから、その間にタカシ君、自転車こいでってよ。
 そのあと、わたしがタカシ君に追いつけたら二人乗りしようよ。いい?」
「ん……うん、別にいいけど。――って、もう数えてるの?」
「――さーん、しー、ごー」
彼女を背にして自転車に飛び乗った。思いっきりペダルを踏み込む。凄く重い。

「にじゅしち、にじゅはち、にじゅく――」

結構な距離を進んだあと、自転車から降りて額を拭う。
後ろを振り返りながら。
「ふぅ、かなり進ん――」
「どうも、タカシ君」
「ん? 何故?」
「タカシ君のところなら、どこでも一瞬で移動できるんだよ」
「ん? サイヤ人のこと?」

彼女の顔は赤く染まっていた。
いつの間に彼女は俺のところに着いたのか。なんてことよりも、
ただ、彼女の顔色が気になった。
彼女は体が弱いことも、頻繁に病院に通ってることも知っている。

「……でもね。どこでも行けると言っても、凄く疲れるんだよ。
 タカシ君には分からないと思うけど、今凄く胸がドキドキしてるんだから。
 触ってみる?」
「バカ」
と言いながら、仕方なく彼女に自転車に乗るよう促した。
あくまでも仕方なしに、である。
「あ、乗せてくれるの? やっさしー」
「俺、後ろな」
「ちょっと、わたしレディーだよ。レ、ディ、イー」
頬をふくらます彼女をよそに、さっさと前に乗った。
やがて彼女が後ろに乗ると、自転車は走り始める。
彼女が後ろで何か言ったが、聞かなかったことにしておいた。

「ホラ、笑われてる……」
「気にしない気にしない」
そういう彼女は、本当に気にする様子が無いのだから凄い。
でもそれ以上に彼女のセンスが凄い。
二人用の自転車なんてバカかとアホかと。――体弱いクセに。

「エヘヘ。胸がドキドキしてるのは、時間を止めて疲れたから、ってだけじゃないかもしれないよー」
「知るか。言っとくけど、お前こぐなよ」
「で、これからどこいくの? もしかして、わたしをもっとドキドキさせる気?」
「アホ」
と言って、彼女の尻を触ってやった。
俺がドキドキしてる理由も、自転車をこいで疲れてるから、ってだけじゃないっつーの。