作品概要

シミュレーションRPGの草分け的存在『ファイアーエムブレム』シリーズの第13作(BSアカネイア戦記を除く)。
シリーズ作品ではあるものの、一部を除いて基本的に各作品の世界設定は独立している。
『覚醒』は第1作『暗黒竜と光の剣』を想起させる要素が随所にあり、共通のキャラクターも登場するが、『覚醒』単体でプレイしても問題ない。

人を慈しむ神竜ナーガと人を滅ぼす邪竜ギムレーが司る世界。プレイヤーは分身である「マイユニット(男女キャラメイク可)」として、記憶を失い行き倒れていたところをイーリス聖王国王子・クロムに助けられる。賊に襲われ戦闘になるも、卓越した戦術によってこれを退け、プレイヤーは軍師として一行に迎えられる。
イーリス王都へ向かう途中、天変地異に見舞われ、異形の存在・屍兵(しかばねへい)に襲われるが、仮面の剣士に救われた一行。彼は去り際にこう名乗った。「マルス。僕の名はマルスだ」と……。
千年以上前の英雄王の名を名乗る謎の剣士。彼の持つ二振り目のファルシオン。天変地異と屍兵。隣国ペレジアの脅威。
イーリス大陸を、世界の未来を揺るがす戦いの歯車が動き出そうとしていた……。

登場キャラクター

・クロム

イーリス大陸東部に位置する「イーリス聖王国」の王子。右肩に聖痕を持つ、「封剣ファルシオン」の使い手。
英雄王の末裔で、姉に聖王エメリナ、妹にシスターのリズがいる。
争いを好まないがゆえに最低限の軍事力しか持たない国のために、王族でありながら自警団の団長を務め、日々平和を守っている。

CV:杉田智和

・ルキナ

「絶望の未来」からやってきた、左目に聖痕を持つ、クロムの娘。
彼女のいた未来では、邪竜ギムレーが復活し、クロムは死亡している。彼女は自分自身と人々を鼓舞するため、父の形見となったファルシオンを手に髪を結い上げ男装し、かつての英雄王の名を名乗り戦いに明け暮れていた。
邪竜ギムレーを打ち倒すための儀式が不完全に終わってしまい、神竜ナーガの力を借りて絶望の未来を変えるため仲間たちとともに過去(覚醒本編の時間軸)へとやってくる。

余談だが誕生日は4月20日。第1作『暗黒竜と光の剣』、第9作『蒼炎の軌跡』の発売日と同じ日である。

CV:小林ゆう

・チキ

第1作『暗黒竜と光の剣』、第3作『紋章の謎』に登場した、神竜王ナーガの娘。
『暗黒竜』『紋章』では主人公マルスを「お兄ちゃん」と慕う無邪気な少女だったが、約二千年後の『覚醒』では落ち着いた大人の女性に成長している。
本作では非戦闘員のNPCという立ち位置だが、原作では「竜石」という道具を用いることで竜の姿に変身し、戦うことができた。

CV:大谷育江

シリーズ一覧

ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣(1990 FC)
ファイアーエムブレム外伝(1992 FC)
ファイアーエムブレム 紋章の謎(1994 SFC)
ファイアーエムブレム 聖戦の系譜(1996 SFC)
BSファイアーエムブレム アカネイア戦記(1997 SFC・サテラビュー)
ファイアーエムブレム トラキア776(1999 SFC・ニンテンドーパワー 後にROM版が発売)
ファイアーエムブレム 封印の剣(2002 GBA)
ファイアーエムブレム 烈火の剣(2003 GBA)
ファイアーエムブレム 聖魔の光石(2004 GBA)
ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡(2005 GC)
ファイアーエムブレム 暁の女神(2007 Wii)
ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣(2008 DS)
ファイアーエムブレム 新・紋章の謎 〜光と影の英雄〜(2010 DS)
ファイアーエムブレム 覚醒(2012 3DS)
ファイアーエムブレムif(2015 3DS)
幻影異聞録 ♯FE(2015 Wii U)