トップページ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<html>
<head>
<meta HTTP-EQUIV="Content-type" CONTENT="text/html; charset=Shift_JIS">
<title>ドリー夢小説</title>
</head>
<body bgcolor="#ECECEC" text="#000000">
<!-- DreamMaker by Season(URL:http://homepage1.nifty.com/mystaff/) --->
<script language="JavaScript">
<!--
   name1 = prompt("アレン用ヒロインの名前は?","");
   if( name1 == null || name1 ==""){ name1 ="美月"; }
   name2 = prompt("アレン用ヒロインの双子の兄の名前は?","");
   if( name2 == null || name2 ==""){ name2 ="皐月"; }
</script>
      • やっとここまでこれたよ・・・<br>
ここに・・・あの例の男の子がいるんですね・・・師匠・・・<br>
<br>
<br>
        <font color="#99CCFF"><b>   第0夜 これから進む道 </b></font><br>
<br>
「それにしても・・・」<br>
ここは一体何処なのでしょうか・・・<br>
師匠の地図・・・わかりにくいですよぉ・・・<br>
そうつぶやくと少女は小さくため息をついた。<br>
左には地図を、右には大きなボストンバックを持って。<br>
「せっかく仕事が見つかったのに・・・」<br>
そういうと少女はまたため息をつき、とことこ歩いていった。<br>
<br>
<br>
<b>「「迷子ぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!?」」</b><br>
そのころ室長室では2人の少年が室長、コムイ・リーに呼び出されていた。<br>
「そっ!ま・い・ご☆」<br>
Vサインをしたコムイが言う。<br>
「あの、まさか『つれてこい』なーんていいませよね?」<br>
かわいらしい顔立ちに、綺麗な銀色の瞳をした少年ーアレン・ウォーカーが言った。<br>
「そう!!そのまさかだよ!」<br>
「やっぱし・・・;」<br>
「べつにいやだはないだろー?」<br>
「いやぁ・・・」<br>
「コムイーアレンじゃ無理ムリー!なんせ迷子の達人だからなー。」<br>
「・・・」<br>
くすくす笑いながら黒い髪に灰色の瞳をした少年ー<script language="JavaScript">
<!--
document.write( name2 );
</script>は言った。<br>
彼は誰にも負けない美貌を持っており教団の中では男女問わず人気者で、彼を嫌う者など1人もいない。<br>
その証拠にバレンタインの時のチョコの量は半端なく多い。(つまりモテル。)<br>
実は女装趣味で男を良くだましているが、気づく者は一人としていないという・・・<br>
「どーせ迷子の達人ですよ。」<br>
「まぁすねるなって。」<br>
「別にすねてなんか―――――<br>
「こらこらアレン君も<script language="JavaScript">
<!--
document.write( name2 );
</script>君も落ち着いて!」<br>
「「・・・・」」<br>
「それじゃぁ2人ともいってらっしゃい!ついでに、その子の名前は――――――<br>
<br>
<br>
                       <b> ――――― <script language="JavaScript">
<!--
document.write( name1 );
</script>・・・</b><br>
<br>
<br>
<br>
<br>
<br>
そのころの<script language="JavaScript">
<!--
document.write( name1 );
</script>c・・・・<br>
<br>
「ここはどこぉぉぉぉぉー!?」<br>
半泣きしてましたとさ!<br>
<br>
<br>
<br>
<br>
<br>
<br>
<br>
~あとがき~<br>
<br>
やっと書き終わりましたね・・・<br>
これは授業中かなり時間かけて書きました・・・(笑)<br>
ラビ好きなのにアレン夢でスタート・・・いいのか!?それで!?<br>
でもヒロインcはこの子が1番好きですw<br>
<br>
                    From 梨桜奈<br>
<br>
</body>
</html>