※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

小次郎(こじろう)


クサナギ社が開発した戦闘用MT「武蔵」をベースに日の出帝國2軍が改修を施した物。
腕部を通常腕に換装し、マシンガンも撤去。 武装として大型かつ無駄に長い、物干し竿と呼ばれる手持ち型のレーザーブレードを装備する。 形成される刃の形は日本刀タイプ。
実戦に出ると泣かされるので、見世物として剣道を行うのが専らである。

  • スペック
仕様:高機動模擬戦闘型弐脚
乗員:壱名
武装:対機動兵器用超大型光子溶断刀