※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

特殊情報査察部隊「コル・カロリ」


 コード・アルカウス隷下のボレアリス隊に帰属する諜報専門部隊。別名、「カーラの首輪」。
 出張査察の名目で国境線上に位置するザディア砂漠のコロニー群に駐在し、現地における国外情報の収集と敵性分子の排除を主な任務とする。ときには連邦国内に潜入しての諜報活動のほか、連邦の強行派閥勢力との接触交渉などを受け持つこともある。
 極端な少数精鋭を志向し、構成員は実力を最重視して選抜されている。また同部隊において独断専行は銃殺に値する軍規違反であるため、彼らは基本的に一人では行動しない。

  • Armored Core - ブーボブーボ [Bubo bubo]
  • Arms type - Infighter
 コル・カロリが部隊の標準機として採用する軽量級AC。
 夜間やECM環境下での戦闘を想定し、高いECM耐性と高機能なセンシングユニットを搭載。複数機で同時にECMを展開し、敵機を封殺する戦術を得意とする。剽軽な響きの名前ではあるが、その名は最も大型で凶猛なフクロウであるワシミミズクを意味する。
 なおカラリエーヴァの搭乗機「ザーリャ」は、本機をベースとするカスタム機である。

ASM Code : &Lk005ehw02Qo015l00A02z0ao0GG61fyMo0rM3s#



■ノーマン・スタンフィールド

『──ヘンリー、エドワード。時間切れだ。コロニー・イベリアまで後退する』

 ザディア砂漠当地における部隊の最高責任者。
 物事を信じるということを一切しない男で、軍の正式な書類にすら偽名を記しているほど。何人が相手でも淡々とした態度で接し、敵視の感情すら表に出さない。我欲や執着心がなく、人間性の欠如した人物。
 出身や素性を見ず能力のみで部下を選ぶ広い視野を持つ一方、必要とあれば何の躊躇いもなく味方を切り捨てる冷徹さを併せ持ち、過去に十余名にも及ぶ部下を自らの手で殺している。彼にとっては敵も味方も、ときに利用し、ときに排除すべき数字の羅列に過ぎない。



■クロエ=L=ルヴェリエ

 アウロラ・グループ系列企業に連なる資産家、ルヴェリエ家の嫡子。
 軍人となった当初はコード・アルカウス隷下のボレアリス隊に配属されたが、ノーマンのスカウトを受けて現在の部隊に転属した。柔軟な思考を持った努力家であり、女だてらに有能な人物。
 幼い頃に自身をひどく蔑視していた兄、リヴァルの存在を快く思っておらず、一方で学生時代に兄の仇敵であったフォートレイド家の嫡男、シグラッドを少なからず慕っていたらしい。彼が失踪した今も、暇を持て余しては趣味と称して密かにその行方を探っている。


■ヴァン・ヘイルン

 極東地方を出身とし、ザディア砂漠の紛争地域で育った東洋人。
 心中ではクロエを痛く敬愛しているのだが、彼女の高貴な身分を思い、表には出さないよう務めている。