刀剣パーティ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

構築例
  1. 《スマイル》
  2. 《ランサー槍助》
  3. 《風来帽子》
  4. 《剣の舞 ハヤブサン》
  5. 《Mr.ホッパー》


アイテムの力を最大限に引き出しながら
《ランサー槍助》《剣の舞 ハヤブサン》の2エースを覚醒させ戦う攻撃的デッキ。

アイテムデッキなので《Mr.ホッパー》は毎ターン宝箱を設置するのが仕事。
相手がチェストを引き、アイテムを保持すれば《ランサー槍助》が強化されるので相手に拾わせても美味しい。

《風来帽子》《剣の舞 ハヤブサン》を対象とすることで高確率でバックアタックを狙える。
バックアタックだけで通常攻撃でも4ダメージが見込めるのはかなり大きい。
《Mr.ホッパー》の設置した宝箱を《風来帽子》か強化前の《ランサー槍助》で拾おう。
天地の書以外であれば直接的に強化されるので《剣の舞 ハヤブサン》は高確率で超強力エースと化す。


《天の書》《地の書》が入っていることもポイント。
どちらかを引いたときに、選出や構成を見ればこれがフェイクではないことに相手プレイヤーは気付くだろう。
あえて自分側のサイドゾーンにどちらかの書を置き、相手のアペイロンチャンスを消費させても良い。
相手側に置いても《ランサー槍助》を自ら強化しにいけるのが嬉しい。

《鍛冶屋の宅配便》もあるので、チェストを上手く回しながら積極的に毎巡アイテムを引き、
強化《剣の舞 ハヤブサン》《天の書》《地の書》を狙って
速攻で勝負をかけるのがこのデッキのポイント。


注意すべきは《剣の舞 ハヤブサン》の苦手なダメージ軽減ユニットと
《超☆はたき落とし!》によるアイテムへの干渉。
しかし、前者はアイテムのサポートで回避できることとダメージ軽減ユニットがメジャーではないこと、
後者も残りのアイテムでなんとかやりくりすることができる。
よってピンポイントの弱点は少なく、広範囲に戦えるデッキであると言える。


その他採用候補