※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Break Card
E.G.O.
4F/4C
タレント
6/5/5
【ネーム・分類に関わらずブレイク可能。】
ターン終了時にこのキャラクターのパワーがこのキャラクターの精神力未満だった場合、
≪あなた≫はこのキャラクターのパワーがこのキャラクターの精神力と等しくなるか、
あなたの手札がなくなるまで、あなたの手札をパワーカードとして、このキャラクターにセットする。
他のプレイヤーのダメージ置き場に置かれているネームを持つブレイクカード1枚につき、
≪このキャラクター≫に+1/+(1)/+1する。
あなたのダメージ置き場に置かれている“小鳥遊ひびき”のネームを持つカード1枚につき、
≪このキャラクター≫に+1/+1/+1する。
No.1314
Rarity:R
Illustrator:空中幼彩
Expansion:遺伝子の力


カード考察

ネームでエクスパンションを跨ぐのは、saga3では珍しい。
既存ネームであるスーパーアイドル“小鳥遊 ひびき”の上位互換であると言ってしまっていいだろう。
例によって、ネーム分類アイコンを無視出来るのはそのまま。
新たに自身のパンプアップアビリティを得た。

1つ目のアビリティ合鍵・・・のようなもの。
手札が強制的にパワーカードになってしまう為、いざという時のキーカードが握れないデメリットを孕む。
この代価として、相手ターン中に使用され、次のターンの時間稼ぎ目的で使用される魔神転生
ミューズの森ラーの光に対する抗体となる。
前者のデメリットは、キーカードのみをメイドルのようなECBキャラクターに刺してやれば概ね問題ない。

2つ目と3つ目のアビリティに関しては、自身のパンプアップアビリティになっている。
ダメージ置き場というものに頼っている以上、若干の不安定さはある。
とは言え、このサイズでノンコストのパンプアップ能力を持っている以上、贅沢は言えない。

クローンチャイルド多次元英雄など相性のいいカードが多く、人によって投入されているカードがガラッと違うのが面白い。

なお、星の煌輝で超大型化した逆襲の巨蟹宮看板連中とは異なり、
このカードの下にスーパーアイドル版がいても特にメリットはない。

○関連カード
スーパーアイドル“小鳥遊 ひびき”