※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Project Card
WIZ-DOM
4F/XC
目標/持続
≪あなたのデッキ≫のコストX以下のプロジェクトカードまたはファストカード1枚を、
コストを支払って使用宣言する。そのカードは必要ファクターを無視して効果を発揮する。
その後、あなたのデッキをシャッフルする。
No.1385
Rarity:R
Illustrator:尾崎弘宜
Expansion:遺伝子の力

カード考察

デッキから好きなプロジェクトカードファストカードを直接使用できるだけでも十分強力だが、なぜか必要ファクターが無視される。
マギナデッキのサーチ役としてや、地獄の釜を始めコンボデッキの主役として注目されている。

その効果から誤解されやすいが瞬間ではなく持続。シンクロニシティの目標にならない。

サーチしてきたカードの使用宣言はスクロールの効果なので、カウンターすることはできない。カウンターした場合はスクロールを対象にすること。

Xコストのカードをスクロールでサーチした場合、Xはスクロールの使用宣言時に支払ったコスト以下の任意の数値になる。
つまり2コスト支払ったスクロールで邪印を使用宣言した場合、邪印はX=0~2で使用可能。
使用宣言するカードも効果解決時に決定されるので、あえてスクロールのコスト多めに払っておき、相手のレスポンスに応じて使用するカードを変えるといったプレイングが可能。


チャンピオンカーニバル2008において、デッキが二極化してしまった事もあり、2009/01/27にエラッタが発行された。エラッタ以前のテキストでは、
Project Card
WIZ-DOM
1F/XC
目標/持続
≪あなたのデッキ≫のコストX以下のプロジェクトカードまたはファストカード1枚を、
コストを支払って使用宣言する。そのカードは必要ファクターを無視して効果を発揮する。
その後、あなたのデッキをシャッフルする。
というように、1Fで使用することが可能であり、
そのため2ターン目にデス・ルーンデス次元破断などの焼きカードが飛んできていきなり場が更地になる。といった光景もざらであった。