※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

傾国“妹嬉”
けいこく“ばっき”

Break Card
極星帝国
4F/4C
モンスター/霊能者
6/6/5
このキャラクターから支払われたコスト1につき、≪あなたのデッキの一番上のカード1枚≫を捨て札する。
1:≪あなた≫は3ドローする。
1:パワーカードフェイズ終了時まで、目標の≪プレイヤー1人≫はチャージ3を得る。
1:メインフェイズ終了時まで、目標の≪キャラクター1人≫に±0/+1/+1する。
1:≪あなた以外のプレイヤー全てのデッキの一番上のカード1枚≫を捨て札する。
No.1445/1458/PR135
Rarity:R/SP
Illustrator:石田敦子/すぎやま現象
Expansion:遺伝子の力

カード考察

 コストを払うたびにガンガンデッキが削れていくアビリティと、4つのエフェクトを持つ超大型ブレイクカード

 3ドローするエフェクトは、2挿しのキャラクターブレイクしてすぐ使えば、支払ったコストを取り戻すことができる。
 チャージ3もほぼ同様のことが言えるが、メインフェイズ終了時までエフェクトを無効化されている、等の限られた状態でなければ3ドローするエフェクトを使った方が賢明だろう。
 キャラクター1人を強化するエフェクトは積極的に使うよりも、相手に意識させて計算を面倒にさせる、すなわち牽制用に使うのが賢明だと思われる。アビリティまで考慮すると、損をする場合が多いからだ。
 デッキ破壊エフェクトは後半、詰めに使うものであるが、前述のドローエフェクトと本人のアビリティを考慮すると、使える場面はそんなに無いかもしれない。

 以上のように、割と4つのエフェクトの汎用性は高いのだが、どれも4ファクター4コスト級のブレイクでやるには地味であり、また最近の同サイズのブレイクカードと比べると使いにくさが目立つ。

 PRカードは配布方法が限られていたため、地方では割とレア。