※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

西洋秘密結社。勢力カラーは
大アルカナの二つ名を持つ「タロットメンバー」の「ハイプリエステス(女教皇)」を議長とした「円卓会議」によって率いられる。

キャラクターは主にミスティックスカラータレントクリーチャー(ホムンクルス)で構成される。
キャラクターのほとんどが精神攻撃を持つ、非常に攻撃的な勢力。
邪印デス・ルーンといった名前も物騒な焼きが強いが、イースター賢者の石など捨て札置き場を利用するものもある。

なお「魔術師の呪文」から「約束の世界」までのエクスパンションはエクスパンション名に大アルカナを冠しており、
ほぼ毎回エクスパンションタイトルと同じ二つ名を持ったネームレベルキャラクターが収録されていた。

因みに勢力アイコンの五芒星通り五部門の代表である円卓会議の主要メンバー達は、
開発部門代表はアレな二つ名を見ての通り、弟子被造物以外にはあまり好かれておらず、
前ハイプリエステス・ジャンヌ=ヨハネスⅧはじめ宗教部門は現ハイプリエステス・ポーラを傀儡とした政権で開発部門に対抗し、
戦闘部門代表経済部門代表は魔法学院時代よりの犬猿の仲…と、良好という言葉とは無縁の人間関係である。
教育部門代表も大変だ。