※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Break Card
E.G.O.
2F/2C
スカラー/スキャナー
4/(3)/3
≪このキャラクターから支払われたブレイクカードのコスト≫は、オーナーの手札に戻る。
≪対戦相手のテリトリーのキャラクターをブレイクしたプレイヤー≫は1ドローする。
1:目標の≪ダメージ置き場のブレイクカード1枚≫を、そのオーナーの手札に戻す。
No.1499
Rarity:UC
Illustrator:久坂宗次
Expansion:隠者の森


カード考察

ブレイク限定時のコストバックと、横取りブレイク時に1ドローという完全なサポートキャラ。
1つ目のアビリティに関しては、アビリティ対策がない現状は手札にブレイクカードさえあれば100%パワーが返ってくる点から、リサイクルカードとしては優秀な部類。
2つ目のアビリティに関しては相手も有効だが、である事を考えるとほぼこちらが有利になるアビリティ。
エクリプス反物質を合わせると、猛烈なハンドアドバンテージを得ることが可能。
手札を多くかかえなければならない、フェザーライト“羽生 美輝”バウンダリー“外園 今日子”をメインに据えたデッキでは入れてみる価値はある。

エフェクトに関しては電脳妖精“ラプンツェル”同様、相手にも有効。
オルレアンの少女“ジャンヌ・ダルク”等、ダメージに寝ていると厄介なカードは相手の手札に戻してしまおう。
勿論、自身のメインカードの回収にも使える。

精神攻撃力持ちなので、場にいても地味に牽制になったりする。