※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Break Card
ダークロア
3F/1C
ワータイガー♂/ウォリアー♂/ワーカー♂
4/5/5
【“中島 虎徹”のみブレイク可能。】
パーマネント-1/インターセプト/シンクロ/ペネトレイト/ドロー+1
≪このキャラクターと同時にアタック宣言またはガード宣言しているあなたの支配キャラクター≫は、バトルによるダメージを受けない。
No.1680
Rarity:R
Illustrator:金田榮路
Expansion:審判の日


カード考察

家族と職場を守るシールドサラリーマンというカードがあったが、彼は相棒を守ってくれる。
地味にドロー+1を持っているのも共通点である。

攻撃力の高いダークロアペネトレイトの相性は抜群であり、さらにシンクロとインターセプトも持っている。
(シンクロ時のペネトレイト処理についてはシンクロの項を参照)
通常の手段ではパーマネントカードをセットできないが、それを補って余りあるスキルのラインナップだろう。
デジタルフュージョンのエサにもオススメ。ただしパーマネント-1も持ってしまう点には注意したい。
分類も多いのでヒロイック・コマンドで指揮させるのもよい。
非ネームレベルを対象とするこちらなら対象にパーマネントを貼る事も少ないだろうし、
逆にネームレベルは対象とならないためパーマネントが剥がれる心配もない。

≪このキャラクターと同時にアタック宣言またはガード宣言しているあなたの支配キャラクター≫とは、大山津祇スクランブル
アタックした場合も含まれるのでどうにか有効活用したい。

余談だが、中学校時代の同級生である茗子は中学生、ケイトは高校生だが彼は社会人になり、左薬指には指輪が輝いている。

○関連カード
ライカンスロープ“中島 虎徹”