※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Permanent Card
阿羅耶識
4F/4C
+1/+1/+1
オフェンシブ/ペネトレイト
≪このキャラクター≫は精神ダメージ、バトル以外のダメージを受けない。
No.2343/PR218
Rarity:R
Illustrator:水上広樹/早瀬あきら
Expansion:メモリアルセレクション

カード考察

SagaⅡ時代、魔弾の射手座で登場して以降で使用され続けた七支刀のリメイクカード。
アタックコストバックアビリティがsaga3での変更に伴いオフェンシブスキルに変更され、疑似シールドが追加された代わりにファクターが一つ重くなりコストが倍になった。
実質はシールドを追加しただけでコストが倍になったわけだが、元のカードの強さをかんがみると致し方ない変更といえる。

ファクター、コスト、能力値修正がすべて同じである赤兎と比較してみよう。
ブレイクスルーペネトレイト、どちらもそれぞれ有用なスキルであるため、こちらはデッキタイプとの相談になる。
むしろ問題になるのは、赤兎側のイニシアチブとこちらの精神ダメージ耐性+シールドのどちらをとるか――である。
全勢力中随一の耐久値を誇る赤では、イニシアチブは相手がを相手にした際役に立つ半面、バトル外ダメージを与えるアビリティを持つ一部のカードにはノーガードになってしまう。
一方で、こちらは精神ダメージとバトル外ダメージを完全にシャットアウトするので、特にジリアンソニアで押してくるような相手に対しては恐ろしいほどによく刺さる。
とはいえ、そのあたりは赤兎でも美鈴熱田によりカバーできるので、現段階ではおおむね赤兎の方が優秀といえるかもしれない。
環境に居場所を見つけられるかどうかはメタゲーム次第といったところだろう。

イラストに描かれている弓削をメインに据えるファンデッキを作るのであれば、是非とも採用したい。
また、サイズ負けする心配が無いようであれば、高い打点を生かせる那由多とはすこぶる相性が良い。