※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Break Card
E.G.O.
2F/2C
マシン
3/3/4
シールド/チャージX
Xはあなたの支配エリアのネームに「ブレイブ」を含むE.G.O.のカードの枚数の合計に等しい。
このカードがセットされた場合、≪あなたのデッキ≫から、ネームに「ブレイブ」を含むE.G.O.のカード1枚、または「超絶絶断剣 ネオカイザーブレード」1枚を選び、対戦相手に見せる。
その後、そのカードをあなたの手札に加える。その後、あなたのデッキをシャッフルする。
≪あなた≫は、ネームに「ブレイブ」を含むE.G.O.のカードをファストカードのタイミングで使用宣言可能。
No.2688
Rarity:R
Illustrator:K2商会
Expansion:望刻の塔

カード考察

このカードはブレイクカードであり「超融合」の文言も含まれていないので超融合機神“G-ブレイブカイザー”の合体パーツではないものと思われる。
(おそらく「超融合“ブレイブ~”」パーマネントカードが合体してG-ブレイブカイザーになるというコンセプトなので)
E.G.O.の」と断っているのは恐らく超融合魔神“ブラック・ブレイブカイザー”がいるためだろう。

エクストリームスタイルに対応させた斎木インダストリー代表取締役社長“斎木 麗名”にしか見えないが、超融合機神“G-ブレイブカイザー”主体のデッキでは下位互換ではない。
とりあえずシールドが付いているのは優秀。
チャージ能力は明らかに弱いが、社長は出したターンチャージ0であることもあるがブレイブベースはチャージ1が約束されているので下位互換とは言えない。
サーチできるカード種類が狭まってはいるが超融合機神“G-ブレイブカイザー”超絶絶断剣ネオカイザーブレードがサーチできれば実質問題ない。
おまけに超絶絶断剣ネオカイザーブレードの威力が1点上昇することが意外に大きい。
カイザー、ベースで5+2点与えられることになり3回本体に撃てば21点の致死量である。
コストを度外視すればベース4枚引けば勝てる計算である。(実際にはベースの2コストがかかるが素でカイザーやブレードを引く可能性もあるため決まることは少なくない。

また、「≪あなた≫は、ネームに「ブレイブ」を含むE.G.O.のカードをファストカードのタイミングで使用宣言可能。」の一文はそれなりに強力。
マシンを積むデッキが少ないことなどのお陰でファストのタイミングで横取りブレイクは期待できないが、
キャラ除去等でパワーが無駄になりそうであればそのコストを使ってベースを重ねブレイクしてサーチしたり、
アグレッシブを持った勢力のマシンを勢力アタックにレスポンスでカイザーでブレイクしてダメージを減らしたりできたり、
カイザーをブレイブなパーマネントでプロジェクト・ファスト・エフェクトから守れたり、
超融合戦闘機“ブレイブジェット”でイニシアチブをつけたり、カイザーならブレイクスルーをつけて無理矢理本体にダメージを与えたりコンバットトリックできる点が特に強い。
(ジェット複数出せないから一回だけだけどネ…

さすがに超絶絶断剣カイザーブレードはかっこいいポーズをとらなければいけないのでファストのタイミングでは使用できません。残念…