※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Break Card
阿羅耶識
3F/3C
タレント/鬼
5/4/5
シールド チャージ2 デュアル
≪精神攻撃力を持つキャラクター全て≫は、アタック宣言・ガード宣言・エフェクトの使用宣言ができない。
「幽幻なる世界の一端を垣間見せることができましたなら、本望でございます」(ノーマル版)
「あなたの心に、一輪の花を咲かせることができたようですね」(SF版)
No.2936/2951
Rarity:R/SF
Illustrator:早瀬あきら
Expansion:調和の杯

カード考察

スキルであるデュアルを持ったネームの内の一枚。

精神攻撃の持ち主を完封するアビリティと、補給能力を持ち合わせた大型ブレイクである。
同じく精神攻撃メタになるアビリティを持っている巫女“熱田 静”現巫女“厳島 美鈴”と比べると、一切の宣言を封じられるためにロックとしての機能は上である。
イマジナリー・アイ“万城目 千里”のようなエフェクトを使うだけでも意味のあるキャラクターを相手にする上では使い勝手は上であるとも言える。
とはいえ補給線として採用されることの多い捧巫女“狭野 うらら”とはあまり相性がよろしくないのは欠点か。

デュアルで対応する先の真蛇“塩津 清良”の持つデメリットスキルのおかげでデュアル主体で使おうと思うと使い勝手の悪さが目立つ。
とはいえ単体での能力は総じて悪くは無く、また持っている分類アイコンが両方とも足回りやサポートカードに恵まれているのは確かである。
突破力があり、かつ金棒の対象になれる天稟“榊原 真琴”と組ませるのが吉か。

夢幻能とは神々や精霊といった超自然的なものが主役とする能の事であり、またシテとは能における主役の事を指す。
イラストではノーマル版とSF版で、かつらの色が異なっている。

○関連カード
シテ方
真蛇“塩津 清良”