※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Break Card
E.G.O.
3F/1C
タレント/タレント♂
5/4/4
【“ミコト”のみブレイク可能。】
バインド1/チャージ2/デュアル/サーチ(“ミコト”)
このカードが「アクセンチュアル・アイドル“ミコト”」にセットされた場合、≪あなたの任意の分類1つを持つキャラクター全て≫に(1)ダメージを与える。
5:目標の≪プレイヤーまたはキャラクター1人≫に(5)ダメージを与える。
「みんなの声、届いてるよー! へへっ、ありがと♪」(ノーマル版)
「アンコールありがとー! もっかい行っくよぉー!!」(SF版)
No.2904/2917
Rarity:R/SF
Illustrator:藤真拓哉
Expansion:調和の杯

カード考察

男女の両方のアイコン持ち、新スキルサーチデュアル持ちと
収録エキスパンションのギミックをすべて集約したかのようなキャラ。

2段ブレイクの上段に当たるカードであるが、大型1段のミコトが存在している上に
ブレイクする際のCIP能力のことも考えると、下段からブレイクする機会はあまりないだろう。

能力値やスキル構成はバトル向きとは言いがたいが、エフェクトでそれを補うことができる。
5コストは重いが、(5)ダメージをプレイヤーかキャラクターに飛ばせるので、メインキャラクターの除去から
プレイヤーへの止めの一撃まで器用に打ち分けられる。

大型1段のミコトからブレイクした際のCIP能力は分類限定の全体除去。
普通にブレイクしてもいいが、デュアルによってファストタイミングでブレイク出来ることを最大限に生かして、
ダークネスペインのように相手の行動の妨害をしていくといいだろう。

収録エキスパンションだけでもこのキャラと相性のよいカードが多いのも魅力のひとつ。
全員集合アイドルコンサートサーチに使用した「ミコト」を回収したり、
マルチプル・キャラクターで必要なときに必要なCIP能力を発揮できるようにしたり、
時間跳躍で重ねブレイクをいったんリセットして再度CIP能力を利用していくという手もある。
また、重ねブレイクが基本となってくるので、多重存在統合による除去回避&パンプアップを利用しやすい。

デュアル先のアクセンチュアル・アイドル“ミコト”が2010/11/15付けでエクストリームスタイルでの使用を禁止されたため、同スタイルでのこのカードの能力も大幅に制限されたことになる。
同じく二段ブレイクであり、下段の使用を禁止されてしまった小石川愛美に比べれば、通常の方法でブレイクが可能な分だけマシとも言えるが、CIP能力の使用が不可能であることは、大きすぎる制約だろう。
さらにこのカードも禁止されていると誤解している相手がいて説明しなければならないかも知れないという気苦労も背負うことになる。

SF版では衣装がオレンジ→紫へと変化している。

○関連カード
アクティブ・アイドル“ミコト”
アクセンチュアル・アイドル“ミコト”