※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Break Card
阿羅耶識
4F/4C
ウォリアー♂/ワーカー♂
6/5/6
≪あなた≫は、このカードをファストカードのタイミングでセット宣言可能。
≪あなた≫は、このキャラクターに、ファストカードのタイミングでパーマネントカードをセット宣言可能。
≪このキャラクターのアタック宣言に対してガード宣言しているか、このキャラクターにガード宣言されている、パワー0のキャラクター≫は捨て札される。
このキャラクターがバトルする際、≪このキャラクターのバトル相手≫の持つバインドXを無効化する。
「なぁに、ほんの夜の見回りでさぁ」
No.3157
Rarity:R
Illustrator:藤田香
Expansion:冥約の少女

カード考察

このカードやパーマネントカードファストタイミングでセットできるため、奇襲性が高いキャラクターといえる。
それを後押しするのが3番目のアビリティ。既存のジリアンタイプのアビリティとやや異なり、
このキャラがガード宣言をするか、相手にガード宣言された瞬間だけではなく、その一連のレスポンス中アビリティが有効なのがポイント。
つまり、アタック宣言した自分の支配キャラをレスポンスでこのカードでブレイクした場合でもアビリティが働くということなので、
不意打ちで除去を狙えるのである。
また、アタック宣言・ガード宣言からの一連のレスポンス中に、何らかの方法でアタック宣言してきたorガード宣言されたキャラの
パワーを0にすることでも除去が狙える。それを狙ってパワーが操作できるカードを組み込むのもいいだろう。

真っ当なアタッカーとしてデッキに組み込もうとするのであれば、自前で攻撃力が上昇可能で突破力のある沖田総司が最大のライバル。
そのため、このキャラの能力を活かせるパーマネントなりパワー操作カードの選択が沖田と差を出すためのポイントとなるだろう。

苗字が中村ということもあり元ネタは某必殺シリーズの八丁堀であろう。
偶然なのかイラストレーターが藤田さんという一枚