※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Break Card
阿羅耶識
4F/1C
ゴースト/ウォリアー
5/4/5
【“谺”のみブレイク可能。】
イニシアチブ/サーチ(“谺”)
このカードを手札からセット宣言する場合、キャラクター1人を指定し、追加でXコスト支払うことが可能。そうした場合、このカードがセットされた際に、≪指定したキャラクター1人≫を捨て札する。Xは指定したキャラクターのパワーに等しい。
このキャラクターがプレイヤーにアタックした場合、通常のダメージ判定を行わず、≪アタックを受けたプレイヤーのデッキ≫の上から、このキャラクターの攻撃力の数値に等しい枚数を、そのプレイヤーのダメージ置き場に置く。
「水面を渡る魂魄の情念、我が刀に宿りて力成す也」(ノーマル版)
「光宿りし断命の刀もて、現世と幽世の境界を断ち切る也」(SF版) 
No.3154/3168
Rarity:R/SF
Illustrator:ごとP
Expansion:冥約の少女

カード考察

しにがみけんし“こだま”。

追加コストを支払う必要があるが、カウンターしにくい除去CIP能力はそれだけで高評価。
ただし、このキャラのCIP能力は「手札からセット宣言されたとき」に限定されているため、反魂の術のようなリアニメイト効果を用いてもCIP能力は発揮されないので注意。
ちなみに追加コストはアビリティのコストのため、BCBではコストを戻すことは出来ない。
上段になるとイニシアチブを持つが過信は出来ないサイズなので、バトルでの油断は禁物。
また、自前では突破力もないため、セプチャなどで時間を稼がれ、再びメインが登場されないようにしたい。
ただし、この点は神鳴りと組み合わせると解消可能。
コンボが成立すれば、アタック時に発揮されるアビリティの関係で2回のアタックで大概ケリがつく。

キャラクターの元ネタは月華の剣士2の高嶺響(の刀)。フレーバーテキストも響の必殺技を意識している。

○関連カード
死神少女“谺”