※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Break Card
ダークロア
3F/3C
ヴァンパイア/スチューデント
4/5/5
1:目標の≪あなたの支配キャラクター1人≫にセットされているパワーカード全てを、このキャラクターに、
パワーカードとしてセットする。
3:目標の≪ブレイクカード1枚≫を捨て札する。
No.0552/0567
Rarity:R/SP
Illustrator:ルゴシエラ
Expansion:悪魔の契約


カード考察

アクエリアンエイジのメインキャラクターの1人。

相手のブレイクカード除去するエフェクトは非常に強力。
セットされているブレイクカードだけでなく、セット宣言中のブレイクカードも目標にとることができる。
さらには2段目ブレイクの宣言レスポンスして1段目ブレイクを捨て札し、ブレイクを失敗させることもできる。ある意味究極のエフェクト。

ただし、素の状態だと、パワー満タンでもエフェクトを使用したあとにパワーが1しか残らないので、エフェクト使用後に殴っても、もう一つのエフェクトで他の支配キャラクターからパワーを引っ張ってこないと1回しか殴れない。しかもは元々精神力が低いキャラが多いので、あまりパワーを確保できない事が多い。
なので、よっぽど厄介なブレイクカードが出ない限り、むやみやたらにエフェクトを使うのはお勧めしない。素の攻撃力が優秀なので、殴りメインエフェクト時々程度で。

また、アシュレイ自身はサポートに回り、ブレイクカードを剥がしまくってカーリーあたりで蹂躙することも出来なくはないが、いかんせん場が完成するのに時間がかかる。

エフェクトの効果を受けないエルヴン・ハーミット“シルマリル”も、場に出る前の、宣言中であれば捨て札することが可能。
ただし、イースター反魂の術から場に出られるとなると為す術はない。

ハイブリッドとあるのは母親は人間であるため。父親も隔世遺伝なので馬鹿にされる事もあった。
とはいえ一応はドラキュラの血を引いているらしい。

○関連カード
ヴァンパイア・ナイトルーラー“夜羽子・アシュレイ”