※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Project Card
イレイザー
5F/4C
目標/瞬間
このカードの使用宣言時に、カード名称を1つ指定する。
目標の≪プレイヤー1人≫に5ダメージを与える。そのダメージ判定で指定したカード名称のカードが出た場合、この手順をもう一度行う。
No.0377/PR054
Rarity:R/PR
Illustrator:今泉昭彦/江草天仁
Expansion:魔力の水嶺/プロモカード

カード考察

運が良ければこれ一発で勝てる可能性がある本体直撃プロジェクト。
テキスト後半に記載されている「この手順」とは、テキスト2行目の
「目標の≪プレイヤー1人≫に5ダメージを与える。そのダメージ判定で指定したカード名称のカードが出た場合、この手順をもう一度行う。」
の部分を指している。
このため最初の5ダメージに限らず、それ以降の追加ダメージからでも次の連鎖の可能性がある。
デッキの中に同名カードは4枚まで含まれている可能性があるので、最大では基本5ダメージ+追加(5ダメージ×4回)の、25点ものダメージ判定が発生する可能性がある。
もっとも、デッキに4枚眠っているカードを言い当てるには、ふつうはその試合中に一度も見ていないカードを指定する必要が出てくる上、そもそもそこまでの連鎖はそう起こらないので、あくまでも理論上の最大値となる。

そのままでも手痛いダメージを与えられるが、どうせなら連鎖を狙ってみたいところ。
ダメージの連鎖を起こすには相手のデッキに入っていそうなカードを予測する必要があるのである程度プレイヤー知識が求められる。
エクストリームスタイルならば、MI6のような相手のデッキトップを確認・操作する手段を用意するといいだろう。
MI6は単に相手のデッキのカードの順番を入れ替えるだけでなく、デッキの中身を順番ごと把握できる。
この部分を活用すれば、デッキの上から5枚だけでなく、上から6~10枚目にも同時に存在するカードを指定することで、比較的安定して15点までのダメージを与えることができる。
20点以上に届くかどうかは、かなり運に左右されるだろうが、上記の25点ダメージも机上の空論とは言えなくなるかもしれない。