江戸時代の学者


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

元禄期

門人に室鳩巣、新井白石がいる、加賀藩主前田綱紀に招かれ、後に徳川綱吉の侍講になった朱子学九社は誰でしょう? 木下順庵
『女大学』という良妻賢母主義教育の教訓書も書いたといわれている、日本の本草学の基礎を築いた『大和本草』を著した儒学者は誰でしょう? 貝原益軒
中江藤樹
山崎闇斎
山鹿素行
伊藤仁斎
荻生徂徠
新井白石
角倉了以の外孫で、ニュートンやライプニッツ以前に微分積分にいきついていたとされる、著書に『塵記』があるのは誰でしょう? 吉田光由
和算の大成者として知られるのは誰でしょう? 関孝和
渋川春海【安井算哲】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。