Microsoft Office 2013 Pro plus ダウンロード版 プロダクトキー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Microsoft Office 2013 Pro plus ダウンロード版 プロダクトキーダウンロードをする時、MSN,Hotmail,LiveなどのMicrosoftアカウントが必要になります。アカウントが無い場合、登録が必要です ?Microsoft より即ダウンロードできます。 ?Office Professional plus2013 ダウンロード版(新規導入/アップグレード) ?2台まで同時認証(32ビット版、64ビット版両方と対応) ?使用期間の限定等は無く、もちろん永久にご利用頂けます。 再インストールは可能です,

製品のライセンス認証は、「インターネット経由」または「電話」で行うことができます. より効率的に作業 時間の節約を可能にする各種機能や、洗練された斬新な操作環境が全プログラムに導入された Office Professional 2013 plusでは、作成やコミュニケーションを効率的に行えます。 また、文書を OneDrive にオンライン保存することにより、事実上どこからでもアクセスできます。 お使いのPC 2台にOffice をインストール可能 OneDrive で文書をオンライン保存 無料の Office Web Apps を使用し、インターネットに接続したデバイスから文書にアクセス、編集、共有1

よりシンプルなコミュニケーション

クライアントや顧客への対応をより迅速に。 必要な情報を Outlook でより効率的に検索する、新しい共有ツールを使用する、OneDrive で文書を共有することが可能。 迅速な対応。 Outlook メッセージのプレビュー、閲覧ウィンドウからの返信、連絡先情報の迅速な確認が行えます。 適切な方法ですばやくコミュニケーション。 すべての共有オプションが 1 つにまとめられ、Office プログラムの [ファイル] > [共有] からアクセス可能になりました。

データやアイデアをベースにプロ レベルの文書を作成

スタート画面でテンプレートを選択し、魅力的な文書をすばやく作成。 新しい方法で PDF コンテンツ、イメージ、データを編集し、作成した文書をオンラインで共有。 データから結果を短時間で把握。2 ステップ以下の簡単な操作で、データからグラフや表を作成できます。 データベース アプリの構築と、Web 上での共有が容易。 Access によって構造が作成されるため、すぐにアプリの使用と共有を開始できます。

Office を自分用にカスタマイズ

職場や外出先から Office にサインイン †自分用にカスタマイズした設定と、最近使用したファイルにいつでもアクセス可能。 ユーザー単位でカスタム設定を管理。 任意の PC やデバイスから文書を開き、作業を継続できます。 クラウドにファイルを保存。 Office では文書が OneDrive に保存されるため、自分のメモ、文書、グループ ファイルなどにいつでもアクセスできます。 ビジネスの推進に役立つ最新の Office プログラム

新しい閲覧モードでは、テキストが自動的に列表示で再配置されるため、画面上での読みやすさが向上。 また、表示に役立つツールのみを提供してメニュー数を絞ることにより、作業への集中力がアップ。 PDF ファイルを Word で開き、Word で作成したファイルと同様に段落、リスト、表などのコンテンツを編集。 テンプレートの活用により、時間を節約できるだけでなく、自分らしいスタイルでプロフェッショナルな文書を作成。 40 以上のカテゴリに分類された各種 Word テンプレートが利用可能。

Excel 2013 では、1 つのワークブックに対して 1 つのウィンドウが開くため、2 つのブックでの同時作業が容易。 また、2 台のモニターでの同時作業も行えるため作業効率が向上。 数学/三角法、統計、エンジニアリング、日付/時刻、検索/行列、論理、文字列操作の各分野に新しい関数が登場。 [挿入] タブに新たに導入された [おすすめグラフ] ボタンにより、各種グラフの中からデータに適したグラフを選択することが可能。 散布図やバブル チャートなど、関連するグラフは 1 つのカテゴリにまとめて配置。

タブレット PC、Windows 8 タブレット、スレート PC など、タッチ操作に対応した任意のデバイス上で、指、スタイラス、マウスを使用してスムーズに描画、消去、編集。 手書き文字はテキストに自動変換されるため、手書きメモの読み難さを気にすることなく共有することが可能。 [OneNote に送る] ツール機能が強化されたことにより、画面に表示されている内容をクリップする、Web ページ/文書全体をノートブック セクションに追加する、ノートブックの一部として自動的に保存/ファイルされる「クイック ノート」に書き留める、などの操作が簡単に実行可能。 任意のコンピューター ファイルを、ノートの任意の部分に添付することが可能 (ファイルのコピーはノートブックに保存される)。 また、Excel スプレッドシートや Visio ダイアグラムを OneNote 内に作成/インポートし、その情報をノート内で編集することが可能。

発表者ビューでは、モニターでノートを確認しながら発表することが可能 (オーディエンスに対してはスライドのみが表示される)。 以前のリリースでは、どのモニターで誰が何を見ているかを把握することは困難だったため、 発表者ビューの機能を強化することによってその点を改善し、使いやすさが向上。 スライド上のオブジェクトが整列していることを確認するための目測が不要。 画像や図形などのオブジェクトがほぼ均等に並べられると、自動的にスマート ガイドが表示されるため、オブジェクトを等間隔に並べることが可能。 .mp4、H.264 ビデオの .mov、Advanced Audio Coding (AAC) 音声などのマルチメディア形式に加え、より高解像度のコンテンツにも対応。 PowerPoint 2013 では対応コーデックの数も拡大し、特定のファイル形式を使用するための追加インストールが不要。

電話番号、電子メール アドレス、会社情報、ソーシャル メディアでの情報、連絡の可否も含め、連絡先に関する重要な情報のすべてを、連絡先カードで 1 か所にまとめて管理。 このカードから、会議を予約する、インスタント メッセージを送信する、電話をかけるなど、あらゆるコミュニケーションが可能。 カレンダーでは、次の予定を確認するだけではなく、さまざまな機能を利用可能。 現在地の天気予報をカレンダー ビューに追加し、現在の状況と合わせて表示。 プッシュ対応の電子メール、予約、Outlook.com (以前の Hotmail) からの連絡先情報を、Outlook 環境ですべて受信することができて便利。

テーブル テンプレートを使用すると、管理対象に関する情報を入力するだけで、適切なテーブルをアプリケーションに簡単に追加することが可能。 大量のデータが煩雑化しないよう、 標準的なアプリケーション フレームワークの採用により、ア抓暴`ションの簡単操作が実現。 ドロップダウンメニューや、入力を開始すると表示される入力候補により、正確なデータを簡単に入力することが可能。

Publisher に付属したコンテンツや、Publisher コミュニティから取得したコンテンツの既成文書パーツを挿入してカスタマイズすることにより、魅力的な文書をごくわずかな時間で作成することが可能。 豊富な文書パーツ (サイドバー、テーマ、カレンダー、罫線、広告など) から選択可能。 テキスト、図形、画像に対してプロフェッショナルな視覚効果 (柔らかな影や反射、合字や代替スタイルなどの OpenType 機能) の適用が可能。 Facebook や Flickr などのサービスに用意されているオンライン アルバムから画像を検索し、これらを保存することなく文書に直接追加することが可能。

要件 プロセッサ SSE2 命令セットに対応する 1 ギガヘルツ (Ghz) 以上の x86/x64ビット プロセッサ 対応オペレーティング システム Windows 8、Windows 7、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012 メモリ 1 GB の RAM (32 ビット)、 2 GB の RAM (64 ビット) ハード ディスクの空き容量 3.0 GB の空き容量 ディスプレイ グラフィック ハードウェア アクセラレータには、DirectX 10 対応グラフィック カードと 1024 x 576 の解像度が必要 .NET のバージョン 3.5、4.0、4.5 マルチタッチ マルチタッチ機能を使用するには、タッチ操作に対応したデバイスが必要です。 タッチ操作デバイスがなくても、キーボード、マウス、または標準的なその他の接続可能な入力デバイスを通じて、すべての機能を利用できます。 新しいタッチ操作機能は、Windows 8 でその性能を最大限に発揮します。 その他のシステム必要条件 利用可能な機能は、システム構成に応じて異なります。 一部の機能では、特別なハードウェア、高度なハードウェア、サーバーへの接続が必要となる場合があります。

メモ: システム必要条件は、確実性を期すため端数を切り上げて 0.5 GB 単位で示されています。 たとえば、アプリケーションに必要なハード ディスクの空き容量が 1.99 GB の場合、ディスク空き容量の推奨値は 2.5 GB となります。 ハード ディスク システムの必要条件は、実際にソフトウェアで使用されるディスク容量よりも、意図的に大きく設定されています。

グラフィック プロセッサは、Excel 2013でのテーブル描画や、PowerPoint 2013 での画面切り替え、アニメーション、ビデオ統合など、特定機能のパフォーマンスを向上させるためのものます。 Office 2013 でグラフィック プロセッサを使用するには、64 MB のビデオ メモリを搭載した Microsoft DirectX 10 対応のグラフィック プロセッサが必要となります。 これらのプロセッサは、2007 年以降に広く普及しているものです。 現在販売されている多くのコンピューターには、この条件以上のグラフィック プロセッサが搭載されています。 グラフィック プロセッサが搭載されていない場合でも、Office 2013 をご利用いただくことが可能です。

公式サイト: http://www.exsoftmall.com