課金ガチャの確率表記に関する問題


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



前提

『FGO』の課金ガチャは霊基召喚と称されますが、霊基とはキャラクターに相当するサーヴァントと装備に相当する概念礼装との総称です。
要するに霊基召喚とはキャラクターと装備との混合ガチャを意味しており、サーヴァント専用ガチャなどは現状実装されていません。

詳細画面には排出確率などと共に以下のような注意書きがなされていますが、比較的目立たない箇所に掲載されているため見落とす確率は低くありません。
  • 召喚できる霊基はサーヴァントと概念礼装です。
  • 排出割合は、サーヴァント、概念礼装ごとに異なります。

原案である『Fate/stay night』において召喚とはすなわちサーヴァント召喚を意味します。
概念礼装が召喚されるという設定は『FGO』独自のものであり、リリース当初はさもサーヴァントのみが召喚されるかのような画面構成をしていました。


霊基の排出確率

詳細画面に掲載されている排出確率は以下のようになっています。
レアリティ 確率
☆☆☆☆☆ 5.0%
☆☆☆☆ 15.0%
☆☆☆ 80.0%

この表記を見る限りでは「20回に1回程度の確率で最高レアリティが手に入るのだな」と判断してしまいがちですが、そこに大きな罠が存在します。
先述の通り霊基とはサーヴァントと概念礼装との総称ですが、明記されている確率はあくまでも霊基の排出確率です。
サーヴァントと概念礼装とがどの程度の割合で排出されるのかはどこにも明記されておらず(※2015年8月31日より明記されるようになりました)、実際に課金ガチャを繰り返してみると概念礼装の排出確率がサーヴァントの排出確率と比較して非常に大きいということが分かります。

現在では有志の調査により排出確率が「サーヴァント1に対して概念礼装4」であることはほぼ確定しているため、実際の排出確率は以下のようになります。
サーヴァント 概念礼装
レアリティ 確率 レアリティ 確率
☆☆☆☆☆ 1.0% ☆☆☆☆☆ 4.0%
☆☆☆☆ 3.0% ☆☆☆☆ 12.0%
☆☆☆ 16.0% ☆☆☆ 64.0%

このような情報をゲーム内で得ることは不可能であるため、サーヴァントを期待するユーザーは大きな誤解を抱いたまま課金ガチャに臨むこととなります。
原案の性質上、サーヴァントを期待して『FGO』を開始したユーザーが圧倒的に多数であることも無視できないポイントとなります。


霊基の価値

役割こそ違えども、等しいレアリティの霊基であるのならば等しい価値であることが望まれます。
例えば概念礼装の価値が等しいレアリティのサーヴァントと比較して圧倒的に劣るのだとすれば、明記されている排出確率は何ら意味を持たなくなります。

ゲーム内で霊基を売却した場合の対価は以下のようになります。
サーヴァント 概念礼装
レアリティ 対価 レアリティ 対価
☆☆☆☆☆ 5,000QP+9マナプリズム ☆☆☆☆☆ 2,000QP+5マナプリズム
☆☆☆☆ 2,000QP+6マナプリズム ☆☆☆☆ 1,000QP+3マナプリズム
☆☆☆ 1,000QP+3マナプリズム ☆☆☆ 1,000QP+1マナプリズム

単位の詳細は省きますが、少なくとも『FGO』運営はサーヴァントと概念礼装とは等価値であると見なしていないことが窺えます。
それどころか☆5の概念礼装よりも☆4のサーヴァントの方が価値があると判断しているようです。


何が問題か

以上の点から『FGO』の課金ガチャは「高価値のサーヴァントと低価値の概念礼装とをあえて等しいレアリティとすることにより、ユーザーに対して課金ガチャの価値を実際より優良に誤認させる」状態にありました。
このような状態は「優良誤認」と呼ばれており景品表示法で明確に禁じられています。誇大広告などもこの優良誤認にあたります。
実際に優良誤認を理由に返金が行われたゲームアプリには『ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト』『魔法使いと黒猫のウィズ』などが存在しますが、画面構成が誇大広告に相当しただけであるこれらと比較して『FGO』のそれは悪質と言わざるを得ません。

ガチャにおける課金スキームは以下を参照
http://matome.naver.jp/odai/2144781354842021901


運営の対応

運営はこれらの問題に対して、試行回数が不足していることで確率に偏りが生じているのみという態度を崩しませんでした。
実際には試行回数が不足しているなどという事実は存在せず、大半の問い合わせに対して的外れなテンプレ回答がなされている点から考えてもまともに対応するつもりがなかったとしか思えません。
後日明記されるようになる詳細な確率が統計により算出された確率とほぼ合致したこともこれを裏付けます。

詳細な確率が明記されたことも確かな改善ではあるのですが、それ以前に課金ガチャを回したユーザーに対しては謝罪や補填以前に説明すらない状況が続いています。
同日により悪辣な課金ガチャのキャンペーン永続化に関する問題を発生させたこともあり、一般ユーザーの運営に対する信頼は皆無と言っても過言ではないでしょう。