電波妨害機 電波遮断機 GPS追跡 盗聴器 迷惑携帯の防止


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

皆さん最近流行りのデジタル盗聴を知っていますかはてなマーク

普通の盗聴器では10~50メートル以内に受信機を持っていかなければ


盗聴できませんが

携帯電話回線を利用したデジタル盗聴は、全国どこにいても盗聴が可能なんですえっ

しかも、携帯電話回線を使っているので発見が困難なのです
そこで、いっその事発見するのではなく
デジタル回線自体を遮断してしまおうということです
これは私が、先週購入したばかりの電波遮断機
電波遮断機です。デジタル盗聴波だけではなく、車に取り付ける発信機などの電波も遮断できます

電波の遮断方法

電波は一般家屋の壁で多少減衰(弱くなる)しますが、ガラスは殆ど減衰せず(素通り)に通過します。

このためもしどうしても電波を遮断したいのならば、反射もしくは吸収する金属で密閉するしかありません。

最近は以下の写真の様に妨害機
妨害機等が販売されており、部屋に居ながら携帯を圏外にできるものもありますが、やはり数万円と高価です。

アンテナ

アンテナは長ければ長いほど感度が良いと思っている方がいますが、それは完全な間違いです。

詳しい説明は割愛しますが、前記しました周波数によって、最適なアンテナの長さ形状は異なります。

おおよその傾向としましては、周波数が高くなるほど、アンテナの長さは短くなると思って頂いて結構です。

ですので、携帯ジャマー
携帯ジャマーアンテナは非常に短くて済むという訳です。

携帯電話の電波を遮断します。

携帯電話やPHSは電源ON 状態で、その電話会社の基地局(アンテナ)と基本信号に依る位置確認交信を行っています。それにより電話会社のコンピューターはその携帯電話機の位置(その携帯電話の近くの基地局の位置)が分っています。

携帯電話の位置が確認できない場合はコンピューターは一定時間その回線をOFFにしてしまいます。この時に掛かってきた電話に対しては『 現在電源がOFFになっているか、電波の届かないところにいます 』というようなメッセージが流れたり、盗聴遮断機
盗聴遮断機になったりします。

同時にその携帯電話機も基地局からの基本信号が受信出来ない為『圏外状態』となります。携帯電話やPHS が行っているこの基本信号に依る位置確認交信を規制し、一時的に圏外状態にしようとするものです。

携帯妨害機

関連サイト