※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 間一髪だった。
 衛星軌道上に地球守備隊が建造していた宇宙開発基地スカイフォース『天界』が暗黒銀河の連合軍に攻撃され、撃墜された。ドルギランが太陽系宙域にワープアウトしたのは、連合軍が引き上げようとしている局面だった。暗黒銀河の連合軍は見たこともない大型艦の出現に肝を潰した。一方ギャバンは地球のマスコミを傍受して、現状を把握していた。典型的な遭遇戦ではあったが、情報量は銀河連邦警察側に軍配が上がり、それがそのまま勝敗の帰趨を制することとなった。無秩序にドルギランを攻撃した暗黒銀河宇宙海賊連合軍はアクティブレーザーセンサーの直撃を食らって壊滅、『天界』襲撃の主力となった宇宙海賊『銀河王』はこれ以降消息を絶った。この地球軌道上の戦いで暗黒銀河連合軍は撤退、地球進出を断念し、その後も地球に執着したのは獣星帝国マクーだけだった。

 ギャバンとマクーの戦いについて、多くを述べる必要はあるまい。
 宇宙刑事ギャバンの輝かしい成功については子供向けの絵本にまでなっている。

 有用性が証明された瞬間装着型CSは直ちに後継機の開発が始まった。
 実験部隊特6には大幅な増員と予算アップがあり、さらに宇宙刑事訓練学校に瞬間装着型CSコースが新設された。訓練所の卒業生からも通常任務の宇宙刑事たちからも瞬間装着型CSの要員志願者が特6に殺到し、その中から第1期CS要員候補生60名(初期は全て男性・通称太陽の子ら)が、引き続いて40名の第2期CS要員候補生(通称太陽のあいつ)が選抜され、厳しい訓練の後に第1期21名、第2期8名の瞬間装着型CS要員が誕生した。暫定的CS要員に任命された7名を加え、幻夢界マドーの再侵攻の際には36名の瞬間装着型CS要員が宇宙の各地に派遣された。彼らはマドー壊滅時には激戦の末、半数が生き残っていた。無論、銀河連邦警察はその後も積極的に瞬間装着型CS要員の養成を続け、第3期からは女性志願者によるCS候補生(通称太陽の天使、30名)も誕生した。

グレアード「誇りですよ、俺たち宇宙刑事の誇り」

ヴァーリィ「(訓練が)きつかったのは間違いないけどね、アタシにとっちゃ朝飯前よ」

 獣星帝国マクーとの死闘の末、銀河連邦警察には『星野システム』のノウハウがもたらされた。星野太陽博士が開発した『星野システム』は恒星の発するあらゆる光エネルギーを転換し、任意のエネルギー単位として使用することができる、画期的なエネルギーシステムだ。ベリリウム結晶球体触媒型の流体無限エンジンジェネレーターよりも効率が良く、しかも様々な方面の応用が利くことが判明していた。
 効率の良いエネルギー収集、短距離のエネルギー転送、そして変換定数の変更で自由に転送するエネルギーを変化させることができる『星野システム』は、まさにCSの転送にうってつけだった。研究チームはジーナスが残した試案の一つを再浮上させ、急ピッチで新たな転送型CSを試作した。それが現在赤射タイプと呼ばれるCSだ。
 赤射蒸着は、蒸着と名付けられてはいても、試作機ギャバンタイプとは明確に違う構想で設計された転送システムを備えている。ギャバンタイプのCSはギラン円盤内に格納され、常にメンテナンスを受けている。一方赤射型CSはソーラーシステムスパーク転換装置から転送されたソーラーメタルが、転送先であらかじめ入力された設計図通りに実体化することで完成する。だから赤射蒸着型CSは、システムが起動して初めて実体化し、戦闘や救助などのミッションが終了すると同時に『使い捨て』されるのである。

 前述の通り、赤いグラヴィウム、通称ソーラーメタルを主な素材として形成される赤射タイプCSは、ギャバンの用いた最初の実戦投入CSとは設計思想からまるで別物だったから、試作中だった蒸着母艦の計画は総て白紙撤回されることになった。通常蒸着用のCS転送装置と赤射蒸着用のソーラーメタル転換装置とでは規格が全く違ったからだ。ソーラーメタル転換装置を平常稼働させるためには太陽エネルギー収集のための場を展開する必要がある。蒸着母艦は実験機をベースに設計され、すべて厚みのあるギラン円盤型だったため、必要な面積の太陽エネルギー集積場を確保するのが困難だったのだ。