油田の南を守護らねばならない