古都「テュガテール」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

パードレ地方、ミテラ海に面し「我儘な令嬢」と呼ばれる古い城壁都市テュガテール。
冒険者ギルドを始め、数多くのギルドによって運営され、諸国とは独立した都市国家を築き「ギルドの都」と呼ぶ者もいる。

歴史は古く、冒険者の拠点を始まりとし、交易に栄え、年々その領地を拡大し今に至る。
石畳にレンガ造りの街並みもそうだが、何よりも目に付くのは、幾度にも渡り拡大を繰り返し、その度に築き上げられた城壁では無いだろうか。
今では通路等の為、取り壊されたものも多いが、街の至る所に壁が聳え、名残りは残っている。
また現在に於いてもテュガテールの拡大が収まる事は無い様で、新たな城壁と共に街の拡大は止まらない。