消滅済シナリオ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 『積層都市バルトロマイ』
エリア:帝国
固定PC:アルト、シェリル、ジゼル、セレス、ファルシオン

ルーベランで捕らえられたアイナは都市バルトロマイに連行されたという情報を掴んだ。彼女を救出するためにはバルトロマイに出向く必要がある。
一行はそこでとある研究所への襲撃を試みるプリムローズの過激派と合流した。どうやらアイナもそこへ運び込まれたらしく、協力することは十分に可能だが?


  • 『闇からの招待』★
エリア:ウェストリ 
固定PC:シェリル

ウィンカスターに立ち寄った夜のこと。それは唐突な来訪だった。シェリルの母ウィネアは突如姿を現すや否や、シェリルに告げる。楽しい仕掛けを用意した、是非この街に潜むアビシニアン教団の影を追って欲しい、そして奈落の力のことをもっとよく知ってほしいのだ、と。街に異変が起こり始めたのは、次の日の朝のことだった。


  • 『大地からの呼び声』★
エリア:ウェストリ 
固定PC:アリーシャ

アリーシャに力を貸す謎のレリクス・アースリンク。かつてアリーシャに呼びかけていらい音沙汰のないその声が、今またアリーシャの脳裏に木霊する。それは警告、力を悪用せんとするものがすぐ近くまで迫っているのだと。
敵は白い狂気を帯びた戦乙女、果たしてその魔手から逃れることができるのだろうか?


  • 『悪徳の街』
エリア:ウェストリ
固定PC:なし

そこは悪徳と絶望が吹きすさぶ街、コールドベリー。“キング”と呼ばれる存在によって保たれているかに見える夜の秩序は、実質非常に脆く、壊れやすいものに過ぎない。
最初は簡単な護衛の任務、だが一行はそれをきっかけに複雑に絡んだアウトロウ共のパワーバランスを揺るがす事件に巻き込まれていく。


  • 『キルシェの地を越えて…』(時間経過フラグ消滅)
エリア:キルシェ 
固定PC:なし
かつての闇の王が封印された遺跡、その最後のひとつはキルシェのさらに西にあるという。遠い旅路ではあるが、やはり放っておくわけには行かない。その最中に一行はキルシェ公国の首都キルシェに立ち寄る。だが、その地もまた帝国の影から逃れることは出来ないで居るのだ。急ぐ一行の前に新たなトラブルが降りかかろうとしていた。


  • 『レクイエムは誰が為に』★
エリア:ウェストリ
固定PC:なし

ミッドガルドの大地に広がり続ける混乱、それは王女リュクレースが帰還を果たしたフランクールの地にも忍び寄る。ウェストリに密かに増え続けるシグルドの賛同者、一刻の猶予もならぬ西方の情勢に対し真帝国が打った策。
再び来襲するオステン・ブリュッヘル、決着の刻を経て、今度の鎮魂歌は誰のために歌われるのか?


  • 『影の館、再び』
エリア:ウェストリ
固定PC:アルト
“記憶の遺跡”、そしてクリームヒルトからは聞き出せなかった事実。それがあるのはかつてアイナを助け出した“影の館”だろう。ブリュンヒルデを退けた今、かつてのように忍び込む必要すらない。
その中に隠された真実、プロジェクトによって生み出されたものの全てを白日の下に晒すのは今しかない!


  • 『キルシェ動乱』
エリア:キルシェ
固定PC:なし

キルシェの公子クフィルはシグルドと接触を持つことにより、本人も意図することなく急速にその影響力を伸ばしていた。キルシェには自然とシグルドの思想に共鳴する人間が集まり始めていたのだ。だが、光の裏には影が出来る。守旧派の重臣達に追い詰められていくラファエルが最後に切るカードは最強の切り札となりえるのか?


  • 『スタンピードヘヴン』
エリア:ウェストリ
固定PC:なし

混乱続くミッドガルドだが、だからこそ人々が憂さを晴らすべき場は必要だ。……という名目のもと此度もまたウィンカスターの街頭から、バカ騒ぎのお祭りが開催される。スタンピードヘヴン、それは最速を決める決戦。ミッドガルドの全土を駆け巡る何でもアリのスピード勝負、勝利の凱歌を受けるのは果たして誰か?


  • 『ゲーゲンヴィリアの嵐』
エリア:キルシェ
固定PC:なし

“旅団”を離れたティーネから舞い込んだ依頼。それはゲーゲンヴィリアを押さえる為に、キルシェの政争に破れ、逃げ延びて潜伏したらしいラファエル公子の行方を捜すことだった。目的はウェストリに攻め込む寸前のシグルドの頭を抑えること、動き始めた時代の中でとうとう英雄シグルドとの闘いがその幕を開けようとしていた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。