NPC紹介 > マリエル・マグダレーナ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前
マリエル・マグダレーナ
クラス/レベル
アポスル/?
性別/年齢
女/不明
瞳/髪/肌
蒼/ブロンド/白

紹介

およそ400年前に、現皇帝を生むために創造された聖母のエイリアスの一人。しかし、彼女自身はどういうわけか強大な奈落を身に宿して生まれてきたため、秘密裏に廃棄されたという経緯を持つ。(これはグナーデの呪いによる物だったことが判明。)
しかし、廃棄されたはずの彼女は、アビシニアン教団の“聖母派”と呼ばれる者達によって保護され、ウェストリの人里離れた山奥の屋敷で育てられていた。
聖母自身のエイリアスであるため、皇帝を生むことのできる素養を持っていたが、身の内の奈落の影響により、生まれてくる皇帝は必ず奈落に染まった存在となる(“聖母派”の者達は、彼女を“マグダラの聖母”と呼んで崇めていた)。“聖母派”はそれを利用し、機械神の力を行使する奈落の使徒を生み出そうとしていたのだが、計画を知った一人のエクスカリバーの戦士によりマリエル・マグダレーナは殺害され、計画は頓挫。
彼女の魂は時空を超え、ヤシマのあるフォックステイルの少女へと転生した。

登場履歴

  • 第117話「闇の聖杯・前編」登場
自身の『聖霊』を継承し“マグダラの聖母”の素養を持つレイナの中に、『精神』として宿っていた。レイナは彼女の持っていた奈落を継承し“マグダラの聖母”として覚醒することができるのだが、マリエル・マグダレーナ自身は中立的な立場を主張しており、全てを伝えたうえでレイナに選択権を委ねるつもりだった。希望とか絶望とか世界の行く末とかは、彼女自身にとっては割とどうでもいいことなのかもしれない。
レイナの事は、もともと彼女自身が孤独な生涯だったということもあり、腹の内を言い合える友人や姉妹のような存在として大切に思っている。
  • 第128話「闇の聖杯・後編」登場
ナイグンゲとの交戦の際に、レイナに自らの力を貸す。ナイグンゲは滅びたが、未だ”マグダラの聖母”の奈落を抱えるレイナのことをやや案じつつも、彼女の選択を尊重し見守りつづけることを心に決める。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。