レポ:第146話「三つの視点」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

開催日
2008年11月23日
GM
山鳥
舞台
ウィンカスター
参加PC
ダイチ
ティティス・ロットー
メルキオール・ローゼンベルク

  • シナリオクラフトによるセッション。テンプレートは「パニックシティ」。
  • 三者三様に立ち寄ったウィンカスターの街、だがそこに起こるのは以前ダイチが相対したドクトル・マオの仲間らしき奈落の怪人プロフェッサー・アビスが引き起こす惨劇。悪の怪人めやっつけてやる、と燃える正義のヒーロー・ダイチ。迷惑に巻き込んでくれたからにはキッチリとぶち殺す、とクールにデストロイなティティス。面倒くさいが街の人々が被害に逢うのは見過ごせない、と手伝う不良神父メルキオール。かみ合わない三人の空気をそのままに街は奈落の怪人によってパニックに叩き込まれる。
  • 何だかんだと言いながらも、それぞれに逃げ惑う人々を助け、障害を排除してそれぞれの方向からプロフェッサー・アビスを追い詰めていく。だが、追い詰められたアビスにもまた切り札アリ。彼の技によって生み出された巨大な犬型の魔獣が行く手を阻み、一行に立ち塞がる。
  • その魔獣程度ではアインへリアルを含む高レベルのクエスターであるPC達には太刀打ちできなかったものの、足止めとしては十分。その隙に黒幕であるプロフェッサー・アビスには逃げられてしまう。
  • ともあれ事件は一件落着。ウィンカスターには平穏が戻り、一行はまた三者三様に旅を続けるのだった。


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。