02:闇の御子


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

推奨クラス:特になし

解説:祖母は貴方に説いた。貴方は奈落の主になる運命を背負っているのだと。妹は貴方にねだった。その身に宿した奈落の力で世界を奈落に包んで欲しいと。母は貴方に語った。愚かなる現在の世界に存在する価値はないと。何故か揃うことの無い家族達は口々にそう訴え、そして貴方のことを見守った。しかし、貴方は家族たちの願いを叶えることはなく彼女達と決別したのだ。家族を愛していないわけでは無い、だが同時に恐れを感じていたのもまた事実。何よりも、奈落の王となるその運命を。貴方は奈落から解放されることを願い、その方法を探し続けている。これ以上、誰も、何も傷つけないために。

クエスト:【奈落の力を捨てる】

ギフト:≪奈落の力≫を取得する。

≪奈落の力≫:
レベル:1 種別:- 
タイミング:セットアップ 判定値:自動成功 
難易度:なし 対象:場面(選択) 射程:視界 代償:本文

代償として未使用の加護ひとつを使用済にすること。そのラウンド中、対象のファンブル値を+4する。この特技は1シーンに1回まで使用できる。この特技の代償はブレイクしていても支払うこと。

GMコメント
奈落の力を捨て去るための手がかりを求めて、ルーベランのオラクルたちを頼る流れです。まあ個人行動でも構わないし、既にブレイディの“旅団”のメンバーということでも構わないです。参考までにブレイディはルーベランの長老と知り合いとのことで、長老の依頼でルーベランを訪れます。
あと“家族”が妹、母、祖母、と存在します。全員が揃うことは決してなかったけれど、いつも誰かは側に居てくれた、という感じで。ダークワンやダンピールを入れるとそれっぽいですが、別に強制も推奨もしません。


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。