軽犯罪法


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

軽犯罪法けいはんざいほう


第一条 左の各号の一に該当する者は、これを拘留又は科料に処する。

 人が住んでおらず、且つ、看守していない邸宅、建物又は船舶の内に正当な理由がなくてひそんでいた者
 正当な理由がなくて刃物、鉄棒その他人の生命を害し、又は人の身体に重大な害を加えるのに使用されるような器具を隠して携帯していた者
 正当な理由がなくて合かぎ、のみ、ガラス切りその他他人の邸宅又は建物に侵入するのに使用されるような器具を隠して携帯していた者
 生計の途がないのに、働く能力がありながら職業に就く意思を有せず、且つ、一定の住居を持たない者で諸方をうろついたもの
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。