不当景品類及び不当表示防止法


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

不当景品類及び不当表示防止法(ふとうけいひんるいおよびふとうひょうじぼうしほう)

  • 昭和三十七年五月十五日法律第百三十四号
  • 最終改正:平成一七年四月二七日法律第三五号

(定義)

第二条
  1. この法律で「表示」とは、顧客を誘引するための手段として、事業者が自己の供給する商品又は役務の内容又は取引条件その他これらの取引に関する事項について行なう広告その他の表示であつて、公正取引委員会が指定するものをいう。


(不当な表示の禁止)

第四条
  1. 事業者は、自己の供給する商品又は役務の取引について、次の各号に掲げる表示をしてはならない。
    一 商品又は役務の品質、規格その他の内容について、一般消費者に対し、実際のものよりも著しく優良であると示し、又は事実に相違して当該事業者と競争関係にある他の事業者に係るものよりも著しく優良であると示すことにより、不当に顧客を誘引し、公正な競争を阻害するおそれがあると認められる表示
    二 商品又は役務の価格その他の取引条件について、実際のもの又は当該事業者と競争関係にある他の事業者に係るものよりも取引の相手方に著しく有利であると一般消費者に誤認されるため、不当に顧客を誘引し、公正な競争を阻害するおそれがあると認められる表示
    三 前二号に掲げるもののほか、商品又は役務の取引に関する事項について一般消費者に誤認されるおそれがある表示であつて、不当に顧客を誘引し、公正な競争を阻害するおそれがあると認めて公正取引委員会が指定するもの
  2. 公正取引委員会は、前項第一号に該当する表示か否かを判断するため必要があると認めるときは、当該表示をした事業者に対し、期間を定めて、当該表示の裏付けとなる合理的な根拠を示す資料の提出を求めることができる。この場合において、当該事業者が当該資料を提出しないときは、第六条第一項及び第二項の規定の適用については、当該表示は同号に該当する表示とみなす。


(排除命令)

第六条
  1. 公正取引委員会は、第三条の規定による制限若しくは禁止又は第四条第一項の規定に違反する行為があるときは、当該事業者に対し、その行為の差止め若しくはその行為が再び行われることを防止するために必要な事項又はこれらの実施に関連する公示その他必要な事項を命ずることができる。その命令(以下「排除命令」という。)は、当該違反行為が既になくなつている場合においても、することができる。


(公正競争規約)

第十二条
  1. 事業者又は事業者団体は、公正取引委員会規則で定めるところにより、景品類又は表示に関する事項について、公正取引委員会の認定を受けて、不当な顧客の誘引を防止し、公正な競争を確保するための協定又は規約を締結し、又は設定することができる。これを変更しようとするときも、同様とする。
  2. 公正取引委員会は、前項の協定又は規約(以下「公正競争規約」という。)が次の各号に適合すると認める場合でなければ、前項の認定をしてはならない。
    一 不当な顧客の誘引を防止し、公正な競争を確保するために適切なものであること。
    二 一般消費者及び関連事業者の利益を不当に害するおそれがないこと。
    三 不当に差別的でないこと。
    四 公正競争規約に参加し、又は公正競争規約から脱退することを不当に制限しないこと。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。