2007年秋研究発表:温病闘病記


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(編集中)

発表者

島田ひとみ(熊本大学3年)

内容


質疑応答

質疑応答というよりは温病についての補足がありました。

患者が温病か傷寒か見分けるには

患者の主訴を聞いて、まずどこに邪が起こっているのか判別し、
それが風寒によるものか温熱によるものか判断する。
風寒によるのなら傷寒、温熱によるものならば温病。とのことです。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|





あなたは
- 人目の
お客様です

メニュー


九鼎会アーカイブス

一般の方向け

医学生・医療関係者向け


QRコード