2007年秋研究発表:蕁麻疹と漢方


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(編集中)

発表者

寺田英李子(熊本大学3年)

内容


質疑応答


Q.(江川); 調べていて、臓腑と蕁麻疹の作用機序の関わりで、わかった分があれば教えてください。
A.(寺田);証によって違うものかもしれませんが、例えば肝鬱化生風証の場合、ストレスなどで肝が熱を帯びたことによるとされているので、肝の作用によると思います。  
       その他については、調べていなくてわかりません。
  (江川);では、肝がメインになっていると考えて良いのでしょうか。
  (寺田);その場合はそうだと思います。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|





あなたは
- 人目の
お客様です

メニュー


九鼎会アーカイブス

一般の方向け

医学生・医療関係者向け


QRコード