スイカズラ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

生薬名

忍冬(ニンドウ):葉・茎
金銀花(キンギンカ):花

説明

  • 葉が対生するつる植物で、他の木の上を這うように成長します。
    • 常緑で冬でも落葉しないため、冬を耐え忍ぶという意味で「忍冬」との名がつきました。
    • 初夏に咲く花の咲き始めは白で、次第に黄色くなることから「金銀花」といいます。
    • ジャスミンに似た甘い香りがあり、花を吸うと甘いことから「スイカズラ」と呼ばれています。

作用

金銀花・忍冬ともに清熱解熱薬として使われます。
  • 薬味 甘
  • 薬性 寒
  • 帰経 肺・胃・心
    • 芳香性があり、上・外に向かうベクトルをもちます。

代表的方剤

金銀花
  • 銀翹散(辛涼解表剤)

写真

廃屋を覆うスイカズラ

スイカズラの花:金銀花

(編集者:宮崎大学 露木敦士)
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|





あなたは
- 人目の
お客様です

メニュー


九鼎会アーカイブス

一般の方向け

医学生・医療関係者向け


QRコード